本日11月27日。おそらく今年最後なのでしょう。あったか~い陽気に包まれた晩秋の残り火さわやかな野球日和DAY。明野タイガースは高学年Aチーム・低学年Cチームともに茨木市へ乗り込んでの公式戦の巻。ベスト4進出の座を賭けて、2日連続、伊丹市の強敵と大熱戦は高学年チーム。そして低学年チームも次週の大いなる挑戦を控え、強豪に胸を借りる出稽古ウィーク2日目。春の交流戦のリベンジを賭けて春日イーグルスさんとの40年会Cリーグ戦。両会場をハシゴして帰宅し、パソコン前に着席してひと言・・・「疲~れ~た~!!」。これに尽きると申し上げても過言ではないでしょう。特盛のトピックス編で大いに吠えさせていただこうとは思いますが、まずは何はさておき、衝撃のフィナーレとなった高学年Aチーム。本日の見出し・・・「あきらめない・・・Part2」にしようかと迷ったほど、2日連続、寿命を縮めさせてくれる白熱のロースコア大接戦。昨日同様、最終回ツーアウトからの同点劇。ラストは抽選にて準決勝進出のチケットをもぎ取った試合結果となりましたが、京阪八幡大会に続き、大きな舞台へコマを進めることとなりました。本日の試合、会場に居合わせた皆さま全員の統一見解ではないでしょうか!?5年生軍団が本当によく頑張った!!キミ達がもたらしてくれた同点劇であり、次戦への挑戦権だったと申し上げても過言ではないと思います。攻守にド迫力なパワフル軍団6年生の圧倒的熱量が今シーズンのA軍団の躍進の原動力であることは間違いないのですが、その裏側で地道に実力を磨きながら、献身的なフォロー役もこなしてくれていた5年生軍団。6年生が「太陽」ならば5年生は「月」。明野タイガースという「地球」にとってどちらも欠けてはならない存在。本日、桑原グランドの遥か上空、晩秋の晴天に鮮やかに光り輝いたMoonlight!!夢への階段を眩いばかりに照らし出してくれた「月の光」・・・うん、はっきりと見えたぜその瞬間が!!

では高学年Aチームによる茨木読売新聞社旗杯準々決勝戦VS稲野エンジェルズさんとの試合トピックス。昨日、激闘の引き分け決着の末、辿り着いたベスト8決戦の舞台。なかなか秋季大会前半戦ヒートアップ時のエンジンがまだかかりきらない後半戦。そこに6年生軍団3名が不在で挑むことになったスクランブル態勢の1戦。しかしながら、出番に飢える5年生軍団にとっては鼻息荒い1日であって欲しい・・・ワタクシの本日の試合前の思いでありました。冒頭部でもお伝えした通り、ベンチからメンバーを鼓舞する熱いシャウトを止めなかった5年生組を含め、この苦しかった試合、キーとなる場面で躍動してくれた5年生軍団のナイスパフォーマンスに特大の拍手を贈りたい・・・ワタクシの偽らざる感想でございます。ゲーム展開を振り返りますと、最終スコア結果「1-1」。1回ウラに1点先制されてしまった明野タイガース。その後は制球力抜群、緩急や牽制球スキルもハイレベルなサウスポーエースと堅守のバックが立ちはだかり攻略の糸口が見いだせない明野タイガース。一方、2回以降は本日、持ち前の変幻自在頭脳ピッチングで1失点完投劇を演じたA憲⇔H大のバッテリーを中心に相手打線を封じ込め、膠着状態の中盤戦。本日のハイライトともいえる大きな分岐点は5回ウラ、明野タイガースの守備イニングでした。手痛いミスが絡み、ノーアウト1塁・3塁の絶体絶命のピンチ。激しく交錯する勝負の火花はベンチワークへ波及し、シーンは1アウト満塁へとチェンジ。「あと1点」・・・勝利を決定づけるべくオセオセムードに相手ベンチ大盛り上がりの中、相手5番打者が放った一撃はセンターを襲うライナー性の一撃。絶妙のポジショニングに反応鋭い好ダッシュで本日スクランブル起用のセンター5年生S太がナイスキャッチ!!素早い返球でタッチアップさえも防ぎ、なおも満塁ながらツーアウト目をGET。ラストは緊迫の場面も落ち着いた守備力発揮!本日、美技連発セカンドK眞からの「4-3」フィニッシュ。さあ、超✖100乗の大ピンチをゼロで凌いだぜ!!もうこうなりゃ6回表最終回の攻撃に全てを賭けるのみ!!ここで登場するのが5年生代打コンビI/K大&M。屈指の俊足を生かすこれ以上ないサード内野安打で出塁のI/K大!!そしてキッチリと進塁の送りバントを成功させたM。シーンはいよいよ大詰め、最終回ツーアウト3塁。打席には2番打者5年生D樹。シーズン通じ、6年生軍団にヒケをとらない実力で2番打者の指定席をキープし続けたD樹。キミの百戦錬磨の経験値を以てしても押しつぶされそうなハイプレッシャーな打席だったと思います。あと1人・・・最終回に再登板のサウスポーエースの渾身の1球!!必死のパッチで食らいついたサード前へのおもろいボテボテゴロ!!激走のD樹、ベンチメンバー全員で押しまくる壮絶な「圧」、そして5回ウラ、全員で守り抜いた「1点差」という動かぬ事実・・・これら「あきらめない・・・」執念が毒針の一刺しとなって堅守を誇った相手チームに最後の最後に襲い掛かりました!!連日の土壇場執念の同点劇!!6回ウラは「オメーら5年生達の頑張りを無駄には絶対させねえぜ!!」70球に迫るA憲の気迫のラストファイトで3人斬りのフィニッシュ・・・苦しみ抜いた2日間の果てには「頂」へ続く新たなVーROADが姿を現しました。4回ウラにもツーアウト2塁の場面、これまた難しいライナー性の打球を落ち着いて捕獲のS介!!ライトではカバーリングや素早い返球で存在感を見せていたA叶!!本日の「守」の立役者センターS太も含め、決して本日のポジション・・・得意中の得意のマイ・ポジションではなかったかもしれない。メインキャスト不在という緊急事態がもたらした突然の代役だったかもしれない。舞台は緊迫感溢れる大事な準々決勝戦。こんな状況に応じてもビビることなく、しっかりと普段着のパフォーマンスが発揮できる・・・これはキミ達が本当に真剣に野球に取り組み、そしていつでもオレが試合に出てやるんだ!!と常に心構えを準備している事。試合に出場したいんだ!!と上級生にも負けない向上心を持って真摯に野球に向き合っている事。大袈裟かもしれませんがキミ達の本日のパフォーマンスはワタクシにはそう映りました。この頑張りに次戦は6年生達の激しく燃えさかる炎がフィールドを焼き尽くしてくれると信じています。次回「12.10」ベスト4決戦!!行くぜ!!

そして所変わって茨木市水尾公園グランド。A軍団とは少々趣が異なりますが、In The Moodの真っ只中で進撃を続ける低学年チームC軍団がこれまたアツイ戦いを繰り広げてくれました。本日は40年会Cリーグ戦VS春日イーグルスさんとの1戦。思い出すのもおぞましいゴールデンウィークの惨劇。地元松原小学校での交流戦だったのですが、今シーズン最大の黒歴史と申し上げても過言の無い「0-16」で完膚なきまでに叩きのめされた相手。ハイレベルな攻守はあまりにも完成度が違いすぎて反省の弁さえも出せないほどだったと記憶する試合だったのですが、あれから月日は流れ、相手は茨木市チャンピオンとして君臨し、さらに強力にパワーアップされているだろうことが容易に想像できる試合前の感想。しかしながら、我らが明野タイガースも見違える程に組織力も強化され、大きな挑戦へと邁進する現在地。どれほど、食い下がれるのだろう・・・!!ワタクシを含め、首脳陣そして大応援団の皆さまの共通見解ではなかったでしょうか!?Aチームの激戦終了後、マッハで駆けつけた試合会場・・・衝撃の展開の真っ只中でした。連投ながら完全に「冷静さ」と「丁寧さ」を取得しつつあるエースAがあの強力打線相手に必死の力投。バチバチに打ち返してくる打線に怯むことなく好守で盛り立てる内野陣。1回表に2点先制されたものの2回ウラ、相手剛球エースの真っ向勝負を跳ね返した頼りになる3年生5番打者Y月のスリーベースヒットを起点に6番打者S汰がキッチリ転がし1点リターン。2回表そして3回表とA⇔Gバッテリーの作り出すリズミカルなテンポに守備陣が応え、あの強敵相手に「1-2」で突入する終盤戦。3回ウラ明野タイガースの攻撃・・・実に鮮やかに多彩な引出しをフルオープンさせたイッキ攻撃でした。9番打者RのDBを起点に機動戦士コンビ1・2番のJ&Hがツープラトンバント攻撃で2点GETで試合をひっくり返し、3番Gのセンター前ヒット・4番K亮が粘って粘ってナイスセンで繋ぎ、5番Y月もしぶとくショートへの内野安打でツーアウト満塁のチャンス。積極果敢なランナーワークが圧となり、押せ押せムードの中、7番打者Aの放った打球はショートへ!!これが王者を慌てさせるプレイを誘発し、一挙3点GETのビッグイニングメイキング。4回表最終回、イーグルスさん底力全開でバチバチの猛反撃を浴び、2点差に迫られなおもツーアウト3塁の大ピンチへと完全に相手オセオセムードとなった雰囲気に飲み込まれそうになりましたが、この緊迫の場面でリリーフ登板のY月!!ショートへ守備位置変更となったA。ラストは攻守に本日の立役者だったAが最後、ライナー性フライを見事にナイスキャッチでゲームセット!!攻守に申し分無しのナイスゲームだったぜC軍団!!本日、春に全く歯が立たなかった相手にやってのけたパフォーマンス。結果もさることながらその内容を大いに自信にして欲しい。何も難しい事をやり遂げたんじゃないんだぜ。ここまで厳しい練習を全員で頑張ってきたこと・・・それを自信を持って発揮できているだけなんです。しっかりと練習で身に着けたこと、悔しい思いをした試合から学んだことを吸収して、それをバネにまた練習を繰り返して・・・その日々の鍛錬がしっかりと裏付けられて揺るぎない自信となって躍動できていると感じます。自分自身では気づかないかもしれないけど、キミ達の「顔つき」・・・紛れもなく数ヶ月前とは全然違っているんだぜ!!さあ、機は熟したよな!!次週、秋季高槻市長杯準決勝戦!思いっきり楽しんでこい!!

さあ、次週からはいよいよ12月の陣。週間天気予報ではイッキに季節は冬へと移行するとの事。でも、明野タイガース!!燃えるハートはギンギンの真夏全開だぜ!!

次回「12・3」萩谷総合公園でお会いしましょう!!


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。