井の中の蛙、大海を知らず・・・。快進撃を続けた春の自信を引っ提げて低学年チームの新たな挑戦!!本日、くずはロータリークラブ杯ジュニア大会1回戦。高槻市内での枠組みを超えて、京都南部のチームとの対決!!連日の悪天候の影響で劣悪なグランドコンディションの中ではあったものの、普段通りのパフォーマンス発揮にはほど遠い内容で完敗!!初のトーナメント大会参戦はほろ苦い記憶を胸に刻む結果となりました。

 冒頭の諺。どちらかと言えばマイナスイメージに捉えられがちな言葉ですが、私はあえてポジティブに形容したいと思います。本大会、京阪神地域より75チームが参戦するジュニア大会としては比較的規模の大きな大会。必然的に腕に自信のあるチームや大所帯を構えるチームなども多数参加しており、勝ち抜いていくには肉体的・精神的にもタフさが要求される低学年生には未知の領域を多く含んだ大会。本日はいきなりの試練!!しかし、悪天候でぬかるんだグランドは両チーム同条件。いかにゴロを効率よく転がすか!普段より集中して守備するか!が問われる神経戦。少ないミスで最少失点で切り抜ける相手チームに対し、隙と脆さを露呈した明野タイガース・・・結果は必然でした。こういった試合さえも制していく真の実力を備えたチームへと成長・変貌できるようさらなる鍛錬が必要だと強く感じた試合でした。

 言わずもがな、学童野球の「本番」は6年生中心の「Aチーム」であり、自身が6年生となった時代に低学年より積み重ねてきた経験と技量を最大限発揮すること、それが大事!!そういった意味では、低学年の時期に「大海を知れた」こと。まだまだ市内の外の世界には強敵が多数存在し、やがて自分達はこういったチームと互角に渡り合っていく「力」を身につけなければならないことを頭で体で感じ取ってくれることができれば、本日の惨敗も本大会に参加したことも価値があったと思えるのではないでしょうか・・・。

 しかし、下を向くことなかれ、低学年選手諸君!!ネジ巻きなおして次のステージは秋の高槻教育リーグや!!新たに1チームが加わった同リーグ、春よりパワーアップした全11チームが待ち受けるぞ!!本日の敗戦を糧にして再びジェットエンジン点火や、V字回復で一気に上昇気流に乗せるぞ!!待ったなしで行くで!!!


2件のコメント

明野町の虎吉 · 2018年9月9日 21:13

今日のような悪天候
グランドコンディションでの試合は
この先もあると思います。
そして、その中で選手達のモチベーション
気持ちを如何に高めて
元気を出させてやるか…
100%これ!と、いった正解は無いかもしれませんが今日以上に選手の力を引き出せる様、指導、サポートしてあげたいです。

いつもより少し大人しい若トラ達でしたが
随所に良いプレーもありました(^^)
N弥のタイムリー、後方へのフライキャッチ、ライナーキャッチ
ファーストゴロでバッターランナーにタッチし、三塁ランナーの本塁突入を阻止したKの好判断
レフト、K・H人の送球カバー…

教育リーグに繋げるんやで~(っ`・ω・´)っ

    akenotigers · 2018年9月10日 21:55

    虎吉さん

    低学年生には厳しい条件下でのプレイボールでしたね・・・
    選手達はそんな中、よくやったのでは・・・と思います。
    ただ、相手との実力差をヒシヒシと感じる試合でした。
    大柄な2枚看板の投手をメインに底知れないポテンシャルを感じるチームでした。
    低学年生の面々には貴重な経験となったと思います。
    <事務局長>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。