この投稿でも「最終決戦」と謳ってその開戦を煽り倒してきた「秋季スポ少大会」。言わずもがなで6年生にとって明野タイガースのユニフォームを身にまとって戦う最後の公式戦。卒団式を2週間後に控えるこの最後の最後の局面でようやく開幕。本日1回戦。静かに闘志をたぎらせながらも勝利し続けることしか眼中にない高学年チーム。相手は春季大会でコールド負けを喫した富田ブレーブス。チームとして1年間の成長を推し量るにはこれ以上ない相手。全員が初回から大声を張り上げて、挑んだ1戦。結果は3-1で追撃届かず惜敗!!最終決戦で大いなる「頂」をGETする!!その目標は潰えてしまいましたが、敗者復活トーナメントで勝ち上がれば3位入賞となる「山」へと明野タイガースは移動。ここからは負ければその時点で今シーズン終了!!毎回が最終決戦となる大詰め!!いよいよ来るとこまで来てしまった感がありますが、高学年チーム・・・これで終了できへんで!!まだまだっっ!(^^)!!!!

負けはしましたが強敵相手に善戦した好試合。6年生軍団が躍動しました。もはや彼らも本大会そしてこの試合の意味するものが何かを十分理解しており、今現在、自分達が保有するベストパフォーマンスを最大限発揮してくれたと感じる試合でした。背番号「1」。野球選手として1度はその手に掴みたい大屋台骨。説明不要の「エースナンバー」。今冬、数試合の練習試合の中で完全に覚醒し、最後の公式戦大会、「1」を背負うこととなったI気。エースナンバーに恥じないナイスピッチングでした。立ち上がりこそ不安定だったものの、四死球から崩れることもなく5回、そのマウンドを一人で守り抜いてくれました。「投」がI気なら「守」はM風。闘志満々の声出し番長は本日もショートで再三の好守連発。投手に野手に絶え間ないシャウト連発でその役割を十二分に発揮してくれました。「打」はE太&K太郎。唯一の得点となるシーンは2アウトから。3番E太のレフトオーバー3塁打からの4番K太郎が粘って粘ってのセンター返し。ナイスバッティングでした。クリーンナップを形成するEKコンビ。次回も「もっともっとアゲアゲホイホイ」で頼むよ!!

このように明野タイガース。敗戦ではありましたが悲観する内容は少なく、選手達の戦意は全く失われておりません。日を同じくして夜の部に低学年チームによる「秋季教育リーグ」入賞のお祝いパーティーが開催され、6年生達も敗戦ショックを吹き飛ばし、次の1戦に決意を込める「決起集会」の場になりました。次戦は11日。この期に及んで新しい策などありません。日々、練習に取り組んできたその成果を正面から堂々と発揮するのみ。必ず勝利してまた、次週へと繋げられる「命の灯」の綱渡り・・・楽しみましょう!!皆さま11日はぜひ、古曽部球場に応援にお越しください。大応援団で選手達を鼓舞してやってください。宜しくお願い申し上げます。
明野タイガース2018年度集大成!!!その目に焼き付けよう!!

26+

2件のコメント

明野町の虎吉 · 2019年2月10日 11:40

R太朗も闘ってます!
彼の為にも、今日の練習もしっかり集中し
明日は必ず勝利をもぎ取り、来週からの快進撃に期待してるで‼️
5年・4年生達も気合いを入れ、そして平常心(^_-)
みぃ~んな
応援してるでからなーッっ`・ω・´)っ

0

    akenotigers · 2019年2月10日 18:37

    虎吉さん

    毎週毎週煽り過ぎの投稿ですが、明日の投稿は今シーズン「イチ」の投稿にしたい
    と私自身も自分にプレッシャーをかけております。
    必ずや、選手達、好結果をもたらしてくれると信じております。
    それはR太朗をはじめ、参加できないメンバー達のため、そして応援し続けてくれた
    保護者の皆さんのため・・・何より今日まで頑張って努力し続けてきた
    「自分」のために・・・
    明日が待ち遠しいですね!!
    <事務局長>

    0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。