嵐の予感の本日7月27日。午前には高学年チームによる茨木ライオンズクラブ杯2回戦。嬉しい今シーズンの初美酒から1週間!!早くも巡って来たこの2回戦。良き「思い出」が詰まっていない土曜日午前の試合。イヤなジンクスと立ち込める暗雲を文字通り嵐を呼んで掻き消し、連勝を目指すべく乗り込みましたが結果は惨敗(T_T)。大技小技を駆使した多彩な攻撃力で襲いかかってくる相手にミスがことごとく失点に直結してしまう典型的な「負け試合」。打撃面でも4番S吾がひとり気を吐くドデカイ一撃で1点を返すのが精一杯の元気の無い内容。ノムさんこと野村克也監督の名言「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負け無し!!」ホンマによう言うたもんやなあ~と感心するほどのドンピシャの内容。本日は雨模様でしたが季節は本格的なギンギラサマー☀。高学年チーム選手諸君!!明日からの南山城大会で出会直しや!!・・・何度言ったかこのセリフ・・・

トピックスは6年生S吾。5回表に快足飛ばして浅いセンターフライを地面スレスレでのランニングキャッチでスリーアウト!!拍手で迎えられながらベンチへと戻り、迎えた5回裏の先頭打者としてバッターボックスへと歩き出すS吾。4回裏まで抜群の制球力を駆使し、丁寧なピッチングを展開する相手投手に「完全シャットアウト」の状況。自らの守備でリズムを作った4番打者が左中間を一閃!!特大スリーベースで出塁!!捕らえきれば外野オーバーの長打、そうでなければ豪快な空振りが背中合わせの「All or Nothing」がS吾の魅力。チーム随一の「飛ばし屋」が本日は「All」の部分を力強く魅せてくれました。そして「投」では同じく6年生Y太。6回表には味方の拙守が重なり3失点とはなったもののリリーフ登板で3イニングをナイスピッチ!!先週の練習試合に引き続き制球力に安定感が感じられる内容で夏を迎え調子が上昇しているのが明らかに伺えるY太。野球との両立でピアニストとしての才能も発揮するサウスポー。Rの構えるミットめがけて鍵盤を弾くが如く冴えわたる指先!!時には強くフォルテッシモで、時には優しくピアニッシモで緩急織り交ぜて打たせて取る省エネピッチング。このY太の作り出すリズムに呼応する堅い内野陣・・・本日のパンサーズさんのような守備力、磨かにゃならんね・・・

午後はたっぷり練習し、明日の午前もピシッと練習し、明日の公式戦に乗り込むぜ!!と行きたいところが午後からは予報通りの台風襲来で中止。しかしながら台風一過となれば待ち受けるは猛暑の日曜日。負けはしたものの本日の試合からも得るものはたくさんあったはず。バッテリーのキーワードは緩急のアクセント。対戦相手だってもう何年も野球経験のあるメンバーが揃ったチーム。正直に1本調子に投げ込むストレート球だけでは抑えれません。

考える投球!!「ff⇔pp」揺れる音符のごとく・・・

25+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。