野球人たちを釘付けにした高校野球夏の甲子園大会も閉幕し、小学生の選手達にとっても夏休み終了のカウントダウンを迎えややBLUEな本日8月24日。しかしながらまだまだ猛暑の残り火が容赦なく照り付けたグランドで待ち受けるのは特盛トピックスの1日。本日のテーマは「再会」!!それは午前練習を開始したばかりの何気ないありふれた「アップ」のひととき。明野タイガース選手にとっての憧れの存在である「アイツ」が松原小学校に帰って来てくれました。この夏は惜しくも愛媛県大会決勝戦で敗退してしまったものの記憶に新しい春のセンバツ甲子園。松山聖陵高校2年生としてその「夢の舞台」に出場した川口端午先輩!!既に新チームの中心選手として始動する中、「戦士の休息」として束の間の遅い夏休みで帰阪する中、明野タイガース後輩達のために凱旋。K坂代表をはじめとする当時の指導者たちにとっては懐かしくそして頼もしく、そして初対面となる現役選手達にとってはそれは眩しすぎる先輩のその姿。数年後の自分自身を重ね合わせながらも挨拶してくれた端午先輩のひと言ひと言を聞き漏らさず食い入るように見つめる眼差し。多くの言葉を交わさずとも瞬時で分かり合える「同じ血が流れる」野球少年同士の世代を超えたコミュニケーション。短い時間でしたが選手達にとって、ものすごく有意義な時間でした。この嬉しい先輩来訪にテンションが上がらないはずはありません。たっぷりと午前練習を終えた後、萩谷球場で6年生はプロ野球ウェスタンリーグの観戦とその後の野球教室へと遠征。5年生を筆頭とするBチームと低学年チームはおなじみ牧田フレンドさんにお招きいただいての交流戦。秋シーズン本格開幕を前にしたこの交流戦。ここにも「再会」のキーワードが散りばめられていた興味深い交流戦。勝利の運気をもたらせてくれたのは端午だったのか!?それとも妹のE心ちゃんが勝利の女神だったのか!?川口家の皆さま、そんなこんなで明野タイガースも頑張っております・・・

ではその交流戦トピックス。この時期レアなBチーム決戦。本格的な激突は来年2020年シーズンになるのかもしれませんが、この世代による牧田フレンドさんとの対決といえば、思い出すのが1勝1敗の好勝負を繰り広げた昨年の春秋の教育リーグ。あれから数ヶ月を経て再会した本日の1戦。互いに1学年進級し、現在の実力を推し量れる楽しみな試合は本日も大接戦。多少のミスも含みながらでしたが、投手中心にしっかりと守り合い7回裏までもつれ込んだナイスゲーム。普段はAチームでの6年生軍団との戦いが主戦場の5年生・4年生。たかが1学年されど1学年が学童野球の厳しさ。自信を失いそうになる場面が多数あった春シーズンでしたが、その厳しい戦場で培ってきた経験は間違いなく血となり肉となっていました。昨年の春秋の教育リーグ躍進の立役者でゴールデンコンビと称したY貴⇔Rのバッテリーが先発!!「打たせて取る」丁寧なピッチングで4回1失点としっかり序盤戦をゲームメイクし、コンビ健在をみせてくれると残る3回はR⇔N弥のバッテリー。「オラオラ兄貴とたしなめる弟」を彷彿させる初披露のコンビは2020年シーズンに思いを馳せる夢想空間。しっかり3回1失点で締めくくるなかなか「ごっつええ感じ」な仮想兄弟ぶり!!この投手陣の頑張りに守備陣も「仕事キッチリ」連発の堅いディフェンス。再三のサードの守備機会を安定してアウトGETを重ねるN弥。内野陣からの手厳しい送球も涼しい顔で拾い上げ信頼感あふれるプレイが光ったファーストK。そして途中からはサードのポジションを堂々プレイでアウトGETの4年生K/H人。確かな自信を掴み取ったと感じます。そして「攻」では5年生K介・Kが再三出塁し、塁上を駆け回ると初回はN弥の2点タイムリーで先制。追加点は5番Y貴がランナー3塁からのエンドラン攻撃でもぎ取るなど3回までに4点をGETし試合の主導権を握りながら後半逃げ切った理想的な試合。選手諸君、ええ内容でした!!しっかりと自信にして明日の公式戦に繋げよう!!

そして低学年チームも今春の教育リーグで対決し、約2か月ぶりの再会。3年生H大が打者10人に6Kで3回ゼロ封の圧巻のピッチング。春シーズン後半より威力を増した投球と明らかに磨かれた抜群の制球力でしっかりとリズムを作ると攻撃陣はしっかりと四球をGETし、「走」でしっかりと次の塁を奪っていく目指すべき攻撃の形が体現できた内容。このH大の好投にバックは3年生S大・K佑そして2年生K眞・D樹が形成する内野陣はこれまた2020年低学年チームを彷彿させる「夢」シフト。春からそして夏にかけて猛暑の中、弱音を吐かずに練習に取り組んだ成果が間違いなくカタチになって現われており、明日から開幕の枚方ジュニアトーナメントそして秋季教育リーグが今から楽しみでなりません。低学年チーム選手諸君、まずはチーム内でのレギュラーポジション競争や!!ライバル達に負けることなくこれからも練習に取り組もう!!

牧田フレンドの選手の皆さま・指導者スタッフの皆さま。本日は交流戦のお相手をいただき誠にありがとうございました。これから始まる秋の公式戦。お互いに頑張りましょう!!また、公式戦の舞台で対戦できる日も楽しみにしております。引き続き交流をいただけますよう今後とも宜しくお願い申し上げます。

嬉しい先輩の来訪を「力」に変えて、充実した試合内容だった本日の明野タイガース。これやったら毎週来てチョーダイ!!と言いたいところですが、松山聖陵高校。既に2020年春のセンバツ出場に向けてすでにスタートラインを切っております。端午先輩、これから始まる試合の数々を精一杯戦い抜いて秋の四国大会を制覇し、2年連続甲子園出場が決定した!!この嬉しい情報を手土産に冬休み、再会できることを明野タイガース一同、楽しみにしております。私達に再びでっかい「夢」を見せてくれるようケガすることなく頑張って下さい!!いつまでも応援しております。そして端午先輩のみならず、明野タイガースOBの皆さん!!それぞれの道で輝き続ける皆さんもいつまでも応援しています。わずかなひととき・・・その翼を休めたいとき、いつでも松原小学校に遊びに来てくださいね!!また、先週は2日連続で一段とBIGなボディを右へ左へ動かしながら余すことなく後輩達の練習お手伝いに来てくれた将太郎先輩!!どうもありがとう!!変わることなく優しいその人柄は選手達にも大好評でした!!大学受験に向けての毎日、大変でしょうがまた是非、骨休めに松原小学校に遊びに来てくださいね!!

さあ、明日は高学年チーム。「赤い軍団」島本ヤンキースさんとの初公式戦や。気分はさながら「智弁和歌山vs明徳義塾」!!あかんがな・・・今年は明徳負けたがな!!明日は全員ユニフォームを黄色い「星稜高校」カラーにして集合しよう!!

K坂代表の馬淵監督バリの策士采配炸裂かな!!乞ご期待!!

26+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。