いよいよ9月も最終の日曜日となる本日。高学年チーム・低学年チームともに溢れる気合いを完全開放した公式戦リレー。スコア結果は1敗1分けでしたが、両チームとも3月に新チームとして船出して本日までの約半年間、辛く厳しくそして楽しく練習を積み重ねてきたその「成果」をいかんなく発揮できた試合内容。惜しくも白星には届かなかったのですが、「グダグダやがな・・・」の果てに「不思議の勝ち」を手に入れるより何十倍も価値があったと断言できる本日の2試合。高学年チームは7回戦表裏を低学年チームは5回戦表裏を共に死力を尽くして戦い抜いた選手諸君に大きな拍手を送りたい・・・率直な感想です。投手を中心に鉄壁の守備力を誇る相手チームに負けることなく、再強化した「守」で終盤まで僅差の接戦を戦い抜いた高学年チーム。勝利の女神様を振り向かせるには「あと少し」や!!しかしながら今後も続くであろうこういった厳しい戦いを「勝ち切れる」チーム力を大団結して磨き上げよう!!そして低学年チームも「こんなにおもしろい試合」はなかなかお目にかかれない!!断言できる白熱のシーソーゲーム。初対戦となるメッツさん勢力との「同級生対決」など意地と意地がぶつかりあった手に汗握り続けた1戦。女心と秋の空・・・揺れ続けた勝利の女神様のストーリーは天秤の中央でそのページが閉じられてしまった・・・見れるものならば「再戦」が見てみたい!!大多数お越しいただいた明野応援団も皆さまの思いも同じではないでしょうか?選手諸君に贈りたいひと言!!「これが野球なんだぜ!!」「これが勝負なんだぜ!!」そして「心の底から楽しいだろう野球って!!」いま、君たちはその真っ只中にいる!!「アイツに勝ちたい・・・」その想いを確信へと変えながら!!

では高学年公式戦「大山崎本部長旗杯1回戦」トピックス。相手は春の公式戦で悔しい敗戦を喫した物集女ボンバーズさん。あの日から数ヶ月を経て、溢れ出る自信を身に纏い、闘争心あふれる顔つきでリベンジに挑んだ1戦。冒頭で申し上げたように練習で鍛えたお互いの守備力を文字どおり「試し合った」締った展開。投手陣はY貴⇒Y太⇒G輝と3投手を惜しみなく登用し、それぞれに持ち味を十分発揮した「打たせて取る」ナイスピッチング。そして最重要警戒シーンであるイニングの先頭打者を一度も出塁させることなく集中力を切らさなかった内外野の守備陣。このリズムの「鍵」を開けたのは1回表の先頭打者、痛烈なライト前の打球をライトゴロGETでみごと1塁封殺した4年生S佑。「今日はいけるで!!」全員を勇気づけたこの上ないオープニング。その後もショートG輝・サードK介・セカンドN弥など内野陣が堅守で盛り立て、全員でゲームメイクしていく展開。1回表のビッグプレイで「スーパーガイヤ人」化したS佑は4回表にもライトゴロGETを「おかわり」する最終防衛線隊長の活躍ぶり!!しかしながら届かなかった「あと少し」は現時点での「打力」の差。少ないチャンスに要所要所でタイムリーヒットを放つ相手打線に対し、G輝・S吾が放った痛烈な当りも好守に阻まれるなど高い守備力で失策がほぼ期待できない状況下で力強い「ヒット」でこじ開けれなかった・・・現時点での「力の差」なのでしょうね。しかしながら打撃練習で明らかに右肩上がりの調子だったY太が放ったセンター前タイムリーヒット!!追撃のムードを高めるナイスバッティングでした!!なかなかリセットしきれない悔しい思いを抱いたであろう高学年チーム選手諸君!!決して下を向くな!!繰り返しになりますが「あと少し」や!!本日のような「試合」を勝ち切れるチームにレベルアップしよう!!次戦に向けてもう一度鍛えなおそう!!

そして午後からの低学年チームのトピックス。明野タイガースにとって言わずもがなのライバルチームであるメッツさんのメンバーと連合で参戦の高槻ホークスさんとの1戦。互いに異なるチームで野球を志した同級生同士、「いつかはアイツと・・・」とその対戦を待ち侘び続けたXデー到来!!噂に聞こえた「ヤツ」の実力・・・やっぱハンパねえ!?互いの闘志と気合いと意地が大きな渦になって交錯し続けた65分。勝敗を超越したこれぞ「ナイスゲーム」。打って打たれて、取って取られて、凌いで凌がれて・・・秋季開幕から続く大接戦の連続の低学年チーム。「身がもたんわ!!」と思う反面、こんなにシビれる場面を戦う選手達、幸せの極致やで!!今年度、何回申し上げたでしょう「この試合、今シーズンのベストバウトです」!!改めて本日も申し上げます。本日の死闘!!「今シーズンのベストバウト」であったと・・・。では激闘の65分間を鮮やかに乱舞した歓喜のシーンを順番に紹介しましょう。☆まずは2年生M。手にするだけでニヤニヤが止まらないNEWバットを引っ提げての初試合。練習で魅せる豪快なスイングを完全再現!!炸裂の一撃はドンピシャタイミングで放ったライト前タイムリーヒット!!宝物だよなあ~M!!このNEWバット、大事にして、次戦でもドデカイ一撃を期待するぜ!!☆次は同じく2年生K眞。豪快なスイングもさることながら「バント攻撃、いとをかし・・・」に目覚めてしまい、猛練習を重ねた成果をついに実戦投下する時が到来。指令の場面は緊迫の最終回、2点ビハインドのノーアウト2塁3塁の大チャンスの場面。この心の底から野球大好き小僧にとって「物怖じするなどオレの辞書には無い!!」とばかりに1発必中の大仕事。これが相手ミスも誘い結果的に同点に追いつく大殊勲の一撃!!スナイパーK眞、お見事でした!!このアダルトな小技、さらに磨いて欲しいざますわよK眞さん!!☆そして、3年生組3人衆も大活躍!!本日も先発投手として4回。マウンドを死守し続けたH大。迫力あふれるピッチングは安定感抜群。「誰もが認める」・・・その座へ着実に近づいて行ってるぜH大!!次戦以降も頼むよ!!☆次は最終回の攻撃の先頭打者の場面、とっておきの代打として登場したS大。決して「顔見せ興業」ではない、ガチで出塁を期待されて送り出された打席。見事期待に応えるセンター前ヒットで同点の足掛かりを演出したナイスバッティング。この土壇場の場面、緊張感を集中力に変えて放ったこの一打。本人にとっても大きな経験値を手に入れた打席だったと思うぜS大!!☆そしてこのS大の代走として満を持して登場したのがK佑。ミッションはもはや皆まで言うなの「鬼脚」披露。スタート良し・加速良し・スライディング良しの高性能F1マシンは監督の描く通りに3塁到達。「私、失敗しないので・・・」涼しい顔で3塁上でラストミッションである本塁生還に照準を合わせるその眼差しはまさに「ドクターK」。恐るべし!!K佑!!☆佳境となる4年生組はまずK/H人。試合を経るたびに安定感を増すサードの守備は本日も仕事キッチリ、2度の守備機会も危なげない捕球・送球でアウトを積み重ねていけば、必然的にその好リズムは打席へと好影響を波及させるのか、本日はツーベースヒットにタイムリーヒットと2安打の絶好調ぶり。秋季に入って完全にひと皮剥けてきたと断言できる充実の内容。更なる努力を重ねて4番打者の座、N弥に挑戦状を叩きつけて欲しいぜK/H人。☆大トリは本日も大暴れのキャプテンN弥。先制点を奪われて迎えた2回裏の第一打席。一気に試合の流れを変えるホームランはさすがの大黒柱の仕事!!本日の試合に賭ける意気込みをそのままバットに込めた貫録の一撃。また、「守」でも捕手として体を張り続けてH大をリードし続け、最終回は投手として相手上位打線と対峙。本日は絶対負けられない同級生対決!!視線の先には同じく捕手で4番打者の「アイツ」が立ちはだかる!!午前の高学年チームの試合にもフルイニング出場し、体力的にも精神的にもギリギリのところで戦い続けた本日。チームの先頭に立って、相手に一歩も退かないその姿。素晴らしいパフォーマンスだったよN弥!!時折見せる「いっぱいいっぱい」感が隠し切れないその表情。ただ本日のこの試合。N弥にとって間違いなく「成長」の舞台となったと断言させて欲しい。たくさんの思いを言葉にしてかけてあげたいのですがひと言に集約します。「これが”楽しい”っていうことなんだぜN弥!!」

昨年の3月より毎週、飽きもせずに書き綴ってきたこの「今日のひと言」。笑いのエッセンスも随所に放ちながらできるだけ簡潔にと思っているのですが、その想いと裏腹に長文化に拍車がかかる今シーズン。思いつくまま文章化して「シャシャっと!!」書き綴っているのですが、本日はトピックス量が満載過ぎて、ワタクシのCPU許容量オーバー寸前の状態です。「読む気ならんわ・・・」そう思われるかもしれませんが、本日の投稿!!いつもより時間をかけて、私の「明野愛」満載で綴らせていただきました。

よっしゃ、もう一回最初から読んだろ!!ワタクシへの「愛」だと思って・・・是非!!

24+

4件のコメント

明野町の虎吉 · 2019年9月30日 00:14

高学年のみんな!
事務局長も再三この投稿で書き綴ってくれてますが、「今さら…」やのうて「これから!」やで(っ`・ω・´)っ

君たちの野球人生、何やかんやゆぅてもまだまだ始まったばかり!
一戦一戦の悔しい瞬間を忘れず、苦い経験を次の試合、次の野球で活かすんやで!
その為に、来年2月まで、今のAチームで最後の最後まで「まだまだやってやる!」の気持ちを持ち続けて下さい!
諦めるたびに何かが死んでしまいます。
五年生も「アカンなぁ」と思ってしまったら、来年に繋がりません!
「次こそは!」の気持ちを持ち続けて練習・自主練に励んでや(っ`・ω・´)っ

低学年のみんな!
今日の相手さんは五年生もフィールドにいました!
それは高槻市内で1人でも多くの低学年プレーヤーに野球の試合を経験させてあげるためです。
でも、その相手さんを最後の最後まで苦しめれたこと、負けなかったことを自信にしてください!
下を向くことなかれ!
強い気持ち、「残りを全部勝つ!」の気持ちを皆が胸に秘め、次戦からも試合に挑んで行こう(っ`・ω・´)っ
もちろん、それは教育リーグだけでなく、他の大会、将来の野球に繋がるんだと私は信じています!

    akenotigers · 2019年9月30日 21:32

    虎吉さん

    熱い虎吉流エールをありがとうございます!!
    ホークス&メッツ連合・・・強かった!!一夜明けても死闘が脳裏に焼き付いています。
    「負けなかった」なのか「勝ち切れなかった」なのか・・・!?
    フィフティー・フィフティーですね。
    ただ、秋季版明野タイガースの進撃は止まった訳ではありません。
    果てしなきチャレンジャーとして1戦必勝を目指して毎週、共に胃の痛い思いをしましょう!
    <事務局長>

明野G党 · 2019年9月29日 20:37

お疲れ様です。

今日も前審判、応援と未だ暑さが残る中でのの前審、応援とご協力をありがとうございました。

今日の試合の勝敗で
負けなかったのは選手全員が本当に頑張りました。
それに尽きます。

勝てなかったのは最後の最後にしっかり指示を出さなかった監督の責任であり、
今回の事例を忘れずに次回からの反省として一緒に試合に臨みます。

選手達も悔しい1日でしたが次の試合でリベンジすると共に負けなかった頑張りにはたくさん褒めてあげたいです。

各保護者の皆様、よろしくお願いします。

    akenotigers · 2019年9月29日 20:53

    明野G党さん

    早速のコメントありがとうございます。
    本編でも記載したとおり、「ナイスゲーム」でした!!
    振り返ること数年前の教育リーグ・・・エラーと四球の応酬で
    グダグダ合戦の泥仕合の末に勝利をGETなど大いに喜べない時期もありましたが
    昨年あたりからこの低学年チームの教育リーグ・・・
    明らかに「野球」してますね。
    低学年チームでも多くのメンバーを揃えるチームに若干の羨望も覚えながら
    明野タイガース「少数精鋭」!!
    毎週が楽しみです!!
    <事務局長>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。