天高く馬肥ゆる秋!!競馬の世界ではGⅠレース真っ盛りである、この秋深まりゆく11月。本日の見出し、日本競馬界に金字塔を打ち立てた大種牡馬について熱く語らせていただき・・・ません!!なかなか思うように勝利の栄光を掴めないながらも3月よりガムシャラになって試合を戦い抜いてきた高学年チーム。本日はセミ・ファイナルとも位置づけられる卒団記念大会第二トーナメントの1回戦。もはや勝ち上がっていくことでしか、その「灯」を輝かせることができない土俵際の1戦。しかしこの本日の1戦は大注目の戦い。盛り上がりネタに埋まり尽した「外堀り」。全員に燃え上がってもらう為の舞台装置とキャスティングはパーフェクトと断言していいでしょう。その対戦相手はもはや説明不要の「お隣さん」である高槻メッツさん。タイムスケジュールは昨日の1日練習を経て迎えるSunday Afternoon。そして会場にはお馴染みOBの顔・顔・顔!!ロケット団<R>こと高槻6中野球部の先輩諸君に加え、OBの保護者の皆さま、そして本日も大挙襲来、現役生の保護者の皆さま。誰もかれもが「皆まで言うな!」願いは一つ!に集結してくれた大応援団!!全ての発火装置が点火され、あとは選手諸君が燃えて燃えて!!そして、フィニッシュにワタクシがこのブログで熱く語って締めさせていただこうとの青写真で待ち焦がれたこの日曜日。先制点・追加点・・・よっしゃ!いけるか!?・・・しか~し!!現実はホンマに甘くない・・・結果は残念ながらの逆転負け(T_T)・・・これで、全日程終了ではないけれども、秋風が身に染みた夕刻の松原小学校。サンデーサイレンス・・・本日限りや!!高学年チーム選手諸君、もう一度、立ち上がろう!!

ではその試合トピックス。上述の通り、初回に先制点。2回にも追加点で「2-0」とリードしたまま中盤・終盤を迎える展開。しかしながら後半戦になるにつれて攻守ともに本領発揮のメッツさんに徐々に流れを奪われてしまい悔しい逆転負け。相手投手の調子の上がり切らない序盤戦のチャンスにもう少し加点できていたら・・・「2-0」のままの膠着状態、「次の1点」を明野タイガースが奪えていたら・・・などなど見解によっていくつかの「タラレバ」の場面も存在するのですが、全てを含めて「実力負け」・・・秋シーズンになって特に悔しい試合が続きますが、1試合通じて「勝ち切れる」実力が対戦相手に比べて劣っている・・・認めざるを得ない現実なのだと思います。本日も先発投手として5回をゲームメイクしたY太。ショートでは大声を出し投手を盛り立て、2点目のタイムリーヒットを放ったG輝。冴える補殺でピンチを救ったキャッチャーR。光るプレイも随所に飛び出し、7回を戦い抜いた好ゲームではあったのですが、全員が闘志むき出しで練習の成果を出し尽くし、完全燃焼した試合だったのか・・・!?やや悔しさが募る試合だったと感じます。

繰り返しになりますが、残る公式戦大会はあと一つ。6年生3人にとっては明野タイガースのチームメイトとこのタテジマを身に纏って戦う大会はあと一つ。そして5年生・4年生にとっても6年生の先輩達と一緒に戦える試合は残り僅か。ひょっとしたら「あと1試合」なのかもしれない・・・。大事にしようぜ一瞬一瞬を!!大事にしようぜ一緒に立てるフィールドの時間を!!

2019年明野タイガース。ファイナルへ向けて、全員で前進あるのみ!!

17+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。