いよいよ11月も最終日となった本日11月30日。明野タイガースは高学年チーム・低学年チームともに午前練習。そして朝早くから、またまたやって来ましたロケット団<R>こと高槻六中野球部のOB生T也・M風・K太郎の「BIG3」・・・本業練習がオフとのことで嬉しいことに後輩達の練習お手伝いに馳せ参じてくれました。「最近、アイツら来ないなあ?どないしてるんや?」「いやあ~カワイイ彼女ができたらしいっすよ!!」てな怪情報などひとつも飛び交うことなく野球三昧に燃えているOB生諸君!!いつもありがとう!!てなわけで高学年チーム、本日は全員参加で賑々しく、昼まで守備にバッティングに汗を流しました。一方、明日に秋季教育リーグ最終戦を控えた低学年チーム。有終の美を飾るべく気合い満点の練習風景。フォーカスしたいのは指導者と父が鉄壁の守備陣として配備されるフィールドへ打って打って打ちまくりの打撃練習。ランナーとして出塁すれば、シチュエーション別走塁の要素も取り入れた試合形式練習。「少年野球」・・・特に低学年チーム同士の試合では様々な不可思議なプレイも飛び出ることは日常茶飯事。てなわけで以下、綴らせていただく本日のテーマは「野球知識」。長年に渡って野球を愛してきた私達指導者でさえも「??」となるプレイは時として起こりうります。実際本日の練習で飛び出したプレイならびに私から読者の皆さんに問いたい「悩ましいプレイ」!!をクイズ形式で2問をプレゼント!!選手諸君ならびに保護者の皆さま・・・わかるかな!?

では、まず本日の練習中に飛び出したプレイ。クイズ形式で出題します。場面はノーアウト2塁3塁。3塁ランナーD樹。2塁ランナーM。バッターI真に対し投手が投げたボールを捕手がパスボールで反らした際に3塁ランナーD樹が本塁を狙う。しかし、走塁途中で「アウトになってしまう!」と察知したD樹は慌てて3塁ベースへ戻ろうとするが三本間に挟まれてしまういわゆる挟殺プレイに・・・いやあ~イメージできますでしょうか?なかなか良くお目にかかるシーンですよね。ここからが本題です。アウトになるまい!と粘るD樹はなんとか守備網をかいくぐり、三塁ベースへ見事、帰塁。しかしそこには2塁ランナーMが既に到達しており、3塁ベース上はいわゆる「親子丼」状態。三塁手はD樹・そしてMにそれぞれ順番にタッチ!!さあ、ここからクイズです。このシチュエーション、アウトとなるのは誰?①D樹とMの両者。②D樹。③M・・・・・・毎週、暑い日も寒い日も応援観戦にお越しいただき、なおかつスコアブックさえもお茶の子さいさいに操る母の皆さま!!問題が簡単すぎましたでしょうか?もちろん答えは・・・!!

では次はワタクシから皆さまへの挑戦状です。第2問。場面はノーアウト1塁・2塁。2塁ランナーN弥。1塁ランナーS佑。バッターR斗。さあ先制点のチャンス。R斗が放った打球はショート定位置への平凡なフライ。審判はインフィールドフライを宣告!!2塁ランナーN弥も1塁ランナーS佑もそれぞれのベース付近で帰塁姿勢をとっています。しか~し!!相手ショートはまさかの落球!!これを見た2塁ランナーN弥は慌てて3塁へダッシュ!!しかし気を取り直した相手ショートは落ち着いて三塁へスローし、フォースアウト!!すかさず2塁へ向かうS佑をアウトにすべく、相手サードは2塁へ送球。2塁もフォースアウト!!・・・イメージできますでしょうか?なかなか大いにありえそうな場面ですよね。さて、ここからクイズです。このプレイの正解は?①1塁ランナーS佑・2塁ランナーN弥アウトで2アウトランナー1塁で再開 ②打者のみがアウトで1アウト3塁2塁で再開 ③全員アウトでOh!My!GOD!!の3アウトチェンジ ④全員セーフ。ノーアウト満塁でプレイ再開。・・・野球スキルのみならず知識も豊富な高学年チーム諸君はもちろん一発回答だよな!!正解は・・・!!※尚、第2問のシチュエーションならびに登場人物はフィクションです。

野球選手たるもの「技術」が優れているだけでは「真」に上手なプレイヤーとは呼べません。ルールを熟知し、状況判断をしっかりと頭に描いたうえで準備し、1球1球のプレイに臨む・・・これが上達への近道です。かつてこの投稿でも触れたことがある要素「クレバー」・・・私達指導者も、もっともっと伝導していくよう努めたいと思います。

上記クイズの回答、「どうしてもわからん!!」・・・最後のヒントです。ワタクシは小学校時代「1年3組」「2年2組」でした!!

19+

2件のコメント

明野町の虎吉 · 2019年11月30日 17:53

プロ野球のゲームでもインフィールドフライによる選手の勘違いが起きますよね(笑)。
インフィールドフライ宣告の時点でバッターはアウト(守備側がフライをノーバンで捕球した)とみなされます。
しかし、ファールグラウンドだとこれまた…

明日は教育リーグ最終戦の低学年。
今年度、1勝1敗の相手さんです。
初回から元気あふれるゲームをさせてやりたいです(^^)
選手のみんな!
『応援団』、そして『今日の一言』を盛り上げるぞぉーッ‼️

0

    akenotigers · 2019年11月30日 22:59

    虎吉さん

    解答に近いコメントをありがとうございます。
    こういった複雑怪奇なプレイはまだまだ低学年チームの選手達には理屈で覚えるのは
    難しいかもしれないですが、色んなプレイを練習で試合で経験し
    体で覚えていくものなのかもしれませんね。
    <事務局長。

    0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。