いよいよ季節は師走に突入した本日12月1日。明野タイガース低学年チームは秋季教育リーグの最終戦。改めてこうして目を閉じますと、期待と不安の中、「新C型ジェット」と称した2019年低学年チームが飛び立ちました!!といったブログを書かせていただいたのがつい先日のように感じるのですが、歳のせいなのか季節の移ろいはマッハで流れ、本日、春秋通じて全20試合の道のりを戦い続けた「2019年教育リーグ」の総決算DAY。MAP上に記される現在地は、着実に力をつけながら躍進し、充実一途を辿っていた秋シーズン前半。立ちはだかる強敵との連戦に悔しい思いを味わい続けた秋シーズン後半。「充実感」と「悔しさ」が交互に層をなすような現在のチーム状況。「終わりよければ全てよし!」では無いのですが、最終戦はやはり白星でフィニッシュし、有終の美を飾るんだ!と全員で気合い満点で乗り込んだこの試合。2度のビハインドを追い越し追いつき、ゲームセットの瞬間まで全員が全力を尽くして食らいついたナイスゲームでしたが、結果は1点届かず惜しい敗戦(T_T)・・・しかしながら失速感満載に「喝!!」の内容であったここ数試合と比較すればマイナスな面影を一掃し、底力と意地と新たな息吹を感じることができた一戦。結論として、以前の投稿でも記載させていただいた通り、これも含めて「実力」なんだ!!しっかりと受け止めて次なる戦いに備えよう!!総決算DAY。最後に数字的な年間の戦績を回顧させていただくと春季シーズンは「5勝5敗」。秋季シーズンは「5勝3敗2分け」。年間成績をドクターXの内田有紀風に例えるなら「バイタル・・・年間勝ち数10・負け数8・引き分け2・勝率.555・・・でサイナス!!」低学年チーム選手14名。大きな戦線離脱となるケガ人を抱えることもなく、20試合を戦い抜けたこと・・・大きな拍手👏で称えたいと思います。

では本日の試合トピックス。言わずもがな4年生選手諸君にとっては「最後」となる教育リーグ。下級生時代より経験する選手諸君にとっては募る思いも多数あったと思われる1戦。1点ビハインドの2回には期待の4年生ダブルH人が「打」で存在感を発揮。K/H人のヒットを起点にワンアウト3塁の場面でS/H人が同点となるセカンド強襲の一撃は相手エラーを誘う同点打。欲しい場面で欲しい一打!!ワタクシ個人的には過剰な期待を盛り続けるこのコンビの久々のツープラトン攻撃!!これからもまだまだ見せ続けてくれよ!ダブルH人!!そして本日も存在感抜群の2年生M。セカンドの「守」では痛烈1・2塁間ゴロを関所のごとく完全封鎖。次々とアウトGETのええ仕事!!そして「打」では自慢のフルスイングは本日も全開の2安打!!下位打線のチャンスメーカーとしてまさに「飛ぶ鳥を落とす勢い!!」ナイスパフォーマンスだったぜM!!そしてハイライトは2点ビハインドで迎えた3回裏。タイムアップも忍び寄る何が何でも!の大事な攻撃イニング!!しかしながら、あえなくツーアウトとなってしまい迎えた4番N弥の打席!!光る眼差しの奥に宿る思いは「このまま終わってたまるか!!」世代のリーダーとしてチームの主将として、そしてイチ野球選手の4番打者として・・・チームの大黒柱であり続けたN弥にとっての「教育リーグ」最後の打席!!無心で振り抜いた快心のスイングはライナーで右中間を破っていく文句なしの一撃!!2塁・3塁を駆け抜け大歓声のホームへと戻って来るキャプテンが「絶対、諦めない宣言」をメンバー全員に突き付けたこの一打!!1点差に追いつき、この熱い思いを受け止めたメンバー達のこの後がドラマティックな展開。まずは落ち着き払った選球眼炸裂!!5番打者のK/H人が四球で出塁。走者となれば一転、イケイケ走塁で3塁到達。この大チャンス、打席は本日もスタメン抜擢の6番打者3年生K佑。練習でも守備に打撃に開眼ムード全開で自信みなぎる大注目株!!しかしながら、ハンパねえプレッシャーのこの場面!!極限に研ぎ澄まされた集中力の中に「絶対に打ってやる!!」の闘志がメラメラとK佑を包み込んでいました。2ストライク追い込まれながらも気迫で振り抜いた打球はセンター前の同点タイムリーヒット!!沸き立つベンチ!!飛び上がりたいほどの喜びをかみしめながらも「生還するんだ!!」次のミッションに全神経を集中させるK佑。3回裏ツーアウトから見せてくれたこの同点劇。キャプテンN弥の意地・次代を託されるK佑の渾身・・・「努力は嘘をつかない」!!私の脳裏にはこの言葉が強く響いていました。

本日ならびに毎週、暑い日も寒い日も応援に駆けつけて下さった保護者の皆さま、戦いはまだまだ続くのですが「区切り」となったこの試合、改めて「明野タイガース大応援団」の皆さまに心より感謝を申し上げさせていただきます。明野タイガース、ここ数年は低学年メンバーを揃えることがままならず、5年生を助っ人として補強し試合に臨んでいたのですが、2019年シーズンは春秋通じて久しぶりに純正メンバーで戦い抜くことができました。選手はもちろんのこと保護者にとっても「少年野球」の試合を初めて味わうこの「教育リーグ」・・・なかなか言い得て妙なネーミングだと今更ながら感じるのですが、たくさんの場面を観戦いただいて「醍醐味」を感じていただけたのでは・・・と思っております。多数の3年生以下のメンバーも試合を経験し、来春は「主役」となってまたこのフィールドで躍進してくれることと思います。新たなメンバー増強といった課題もありますが、引き続きの応援を宜しくお願い申し上げます。また、4年生諸君はスポ少リーグの4試合を残してはおりますが、舞台は高学年チームへと移ります。我が息子と共に奏でる心臓に悪い「一喜一憂」はまだまだ続きます!!引き続きの応援・ご支援を宜しくお願い申し上げます。

さあ、次週からはまた練習・練習・練習や!!野球選手にとって避けて通れないスタミナ強化の冬トレーニング。ほどよくヒーヒー言うてもらうでえ~!!おっと、その前にお待ちかねの「スポーツ王はオレだ2019」が次週開催!!今年は「ストラックアウト」も登場!!「針の穴を通すコントロール王はオレだ!!」もプログラム化されているぜ!!楽しい楽しいこのイベント、全員元気に参加しよう!!

イベントあり・・・納会あり・・・忘年会🍺あり・・・大人も「走る」12月!!ほな行くで~!!

 

19+

4件のコメント

明野町の虎吉 · 2019年12月2日 18:57

背番号14の君!
暑い夏からよく頑張りました!
次の教育リーグ、フィールドの中で暴れてもらうぞ!さぁ、寒い冬も練習を頑張ろう!

背番号13の君!
春はヒットも放ったね!
来年はスタメン目指し、守備位置から出し続ける声、そして打席での思い切りいいスイングを武器にするぞ!

背番号12の君!
2番打者の難しさをしっかり勉強できたかと思います。
相手が嫌がる打撃に小技、自陣に勢いをつける空きあらばの走塁!『2番最強説』に少しでも近づくぞ!

背番号11の君!
ミスターフルスイング!
このリーグで明野応援団をたくさん湧かせてくれたね!セカンドでも2年生とは思えない活躍ぶりでした!

背番号9の君!
去年の今頃、わたしに「どうしたら試合に出れるんですか?」と聞いてきてくれたこと覚えているかな?
4年生になっての教育リーグで少しは答えがわかってきたんやないかな。
元気を出す!そして恐怖心との闘い…
少しずつ、前に進めてるよ!

背番号8の君!
打席で自信をつけるには、先ずは相手のボールをしっかり見てしっかりスイングすること!
入団当初の見逃し三振の悔しさを忘れることなく、昨日のヒットを自信にしてこれからもバットを振り続けよう!

背番号7の君!
ここぞの打が光った君!さらに磨きをかけて、来年の教育リーグでも活躍してくれな!そして塁間の迷いを払拭できるよう、一緒に練習あるのみやね!
打・走・守とレベルアップしてくぞ!

背番号6の君!
投ゴロでも忘れなかった全力疾走!
その他も全力で!そしてその全力に自信をもって低学年最後の大会、初戦の初回からぶつけてチームを牽引して行こうな!

背番号5の君!
この大会ではよくボールが飛んできたね!
一つずつアウトをもぎ取ってくれるその姿はチームに勢いをつけてくれました。
打つ方でも活躍が目立ち、次の大会もオイシイところでオイシイ仕事、期待しているよ!

背番号4の君!
このリーグ、自らランナーコーチに駆け出す姿、最後、ケガを負っても休まない強さに感動しました!何気ないその行動もチームには欠かせません。4年生最後の大会、そしてその先とフィールドの中で闘えるよう、しっかりケガを治して仕切りなおすぞ!

背番号3の君!
ここぞのリリーフ登板での好投を自信にして1イニングでも長くマウンドを任されるよう、普段から集中力を高めていけるよう意識する!そして練習!また意識!一つずつ成長して行くで!チームに欠かせないプレーヤーになるために!

背番号2の君!
リーグ後半、何か物凄く難しい迷路に迷いこんでしまった感じでしたが、歩みを止めてしまえばその迷路から脱出できません。
心を折るなよ!仲間と一緒に出口を探して、2020年度の教育リーグ、チームの中心選手へと変貌しような!
リーグ最終戦でマスクをかぶったとき、投手への一球一球の声かけはとても良かったですよ。

背番号1の君!
春・秋とこのリーグでたくさんの経験が出来たね。サウスポーとして活躍し、初安打も放てた経験を次に活かそうな!
それでもまだまだ経験してほしことはたくさんあります。最後の大会に向けて、そしてその先へ、ギアを上げて行こう!

背番号10の君!
主将・四番・捕手として人一倍活躍もすれば苦悩もあったでしょう。
そして人一倍悔しい思いをしたかと思いますが、その悔しさを倍にして自分の力に出来る選手だと私は信じています。
キャッチャー練習をほとんどさせてやれてませんが、試合をこなすたびワイルドピッチを幾度となく防ぎ、ナインにマイナスの顔を見せない君…扇の要として、リーグを闘い抜いてくれました!
さぁ残りの公式戦!全力で行こう!キャプテン!

君たちはまだまだやれるし
もっともっと化けてやろーぜ!!!!

0

    akenotigers · 2019年12月2日 21:35

    虎吉さん

    選手ひとりひとりへの優しいひと言、ありがとうございました。
    そのタッチは・・・情熱大陸「熱血コーチと選手達の200日」とでも称し、エンディングロールをイメージしながら2度見させていただきました。
    今週は本編をお願いすべきだったかなあ~と後悔してしまう暖かい内容。
    選手諸君!!必読です!!
    <事務局長>

    0

明野G党 · 2019年12月1日 20:20

お疲れ様です。

本日で2019年教育リーグの全試合日程を
終了いたしました。
毎試合たくさんの応援、ご協力を賜りありがとうございました。

高学年の選手諸君もいつも設営作りに携わって少しでも練習の時間を設けてくれてありがとう。

残念ながら春季大会と同じ5勝止まりでしたが中身の濃い野球を少しずつできるようになり成長の跡を垣間見る事ができました。

残るスポ少の試合、ハードルはもっと高いですが 勝ってご家庭でお話ができるよう頑張ってもらいます。

僕の力不足で教育リーグは良い成績で終われなかったのですが更なる応援をお願い申し上げます。

0

    akenotigers · 2019年12月1日 20:49

    明野G党さん

    春秋教育リーグの完走!お疲れ様でした。
    「充実感」と「悔しさ」と・・・例年にない多数のメンバー構成で目の色変えてポジションを
    争う中から生まれる競争意識と底上げされる戦力。選手起用には苦慮されながらも嬉しい悲鳴をあげられたと思います。一方、手応えを掴みながらも勝ち切れなかった悔しさは選手の胸に刻まれ
    新たな舞台でパワーに変えて発揮してくれるものと信じたいと思います。
    主戦格として大きな経験値を手に入れた3年生H大を筆頭に来春の教育リーグに向けて低学年チームは再出発ですね
    <事務局長>

    0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。