本日9月12日。相変わらず暑っつ☀〜と随所でボヤキが聞こえるものの、脅威の限りを尽くした夏の猛暑もようやく陰りを見せ、まさに「晩夏」と呼ぶに相応しい1日。明野タイガースは本日も試合に練習に1日練習プログラム。低学年チームはお待ちかねのトーナメント公式戦の高槻市長杯1回戦VS野田ファイターズDチームさん。そして高学年チームは島本ジャイアンツさんを高槻6中にお招きしての交流戦2試合。本日の試合の共通点は「年下の男の子💛」!!野田ファイDチームさんはその名の通り3年生・2年生を主体としたメンバー構成。一方、明野タイガースは4年生主体のCチーム。また、島本ジャイアンツさんも5年生・4年生を主体としたメンバー構成に対し、6年生主体の明野タイガース。学童野球における1学年差は「たかが」ではなく「されど」が占める割合が高く、言わずもがな、こりゃ負けられへんで!!そしてその内容にもしっかりと拘りたいそれぞれの試合。「通知表」形式に表現するなら・・・「◎とてもよくできした」「○できました」「✖がんばりましょう」・・・試合会場にお越しになった保護者の皆さま、「第3者」となってできるだけ「チーム:明野タイガース」辛口判定していただき、本日の試合を通知表にするならこれ如何に!?・・・今夜の食卓の話題にしていただきたくお願い申し上げます。

まずは低学年チームの高槻市長杯1回戦のトピックス。先月も秋季教育リーグで対戦した野田ファイDチームさん。まず以て、お伝えしたいのは、ネット裏に陣取った野球連盟の重鎮のお方達が口々につぶやいた「学童2部とは思えないええ試合やな・・・!!」、これ、最大級の賛辞であり、私個人的にも、すごく嬉しい瞬間でした。最大の要因は明野タイガース、ここ数試合、やや綻びが見えた「守」でしたが、4回表裏を戦い、本日はノーエラー・互いに与えた四球は5個づつでしたが、最少失点で凌ぎ合い「守り勝った試合」であったと思います。そして、特筆したいのはまだ試合での経験値が低いと思われるはずなのですが、相手2・3年生の守備陣の堅いこと!!制球力抜群の投手に体を張ってのキャッチングが見事な2年生キャッチャー。そしてことごとくミスすることなく内野ゴロを処理してアウトを積み重ねてゆく内野陣。序盤〜中盤は完全に互角の戦い。冷や汗指数が上昇しながらも、絶対に負けられない明野タイガース。立役者は本日先発投手のM。四球で苦しむ場面もありましたが3回2失点6K。リリーフのS也も1回ゼロ封2K。大きな声でメンバーを引っ張り続けたキャッチャーS大を加えたバッテリーチームの3人。しっかりとゲームメイクをしたナイスピッチングでした。「打」では1番打者の3年生K眞が起点となり3打席連続ナイスセンの出塁で2得点。1回にはヒット性の痛烈な当りを好捕されましたが3番Mの2打点付ファーストゴロ。3回には同じくK眞を塁上に置き、4番H大と5番S大の連続タイムリーで加点。最終回にはヒットで出塁のS也を代打で登場した「今、最も意外性のある男」パワフルマン3年生A叶がクリーンに放ったライト前タイムリーヒット。こうして、制限時間終了で逃げ切ったナイスゲームでした。とにもかくにも、低学年チーム1回戦突破おめでとう👏👏!!しかし、試合経験が少ないと思われる2・3年生主体の相手チーム。次年度、4年生軍団となって再戦する時、どんなイカついチームに成長してるんだろう・・・若干、背筋が寒くなる末恐ろしさを感じましたが、明野タイガースだって負けちゃおりまへんで〜!!バリバリの主力メンバーとしてフル稼働中の3年生5名に加え、鋭意そのポテンシャルの種を惜しみなく撒き続けている1・2年生の「明野少年隊」が本格的戦力として参戦する2021年明野タイガースCチーム。もっともっと練習しよう。もっともっと野球を知ろう!!そして・・・間違いなくパワーアップするこの「2021年野田ファイCチーム」さんと再戦できる日を楽しみに・・・勝敗を超えた未来の物語の扉さえも開かれた1戦・・・To Be Continued・・・!!

午後の部は、高槻6中での高学年チーム交流戦。お相手いただくのは、初対戦かな!?「水無瀬3強」の一角、島本ジャイアンツさん。4年生・5年生主体とはいえ、さすが昨秋の「40年会卒団記念大会チャンピオン」。投手中心にしっかりとした「守」そしてパワフルなバッティング・そして躊躇ないスクイズ一撃成功など小技や走力も絡め、「6年生、なんぼのもんじゃい!」と牙を剥いてくるジャイアンツさん。1回表にやや重なってしまった相手失策をきっかけに4番打者Kのタイムリー長打・S佑の好走を引き出したR斗のバント攻撃など、理想的なイッキ攻撃で得た5点。しか〜し、この後は主導権を握りながらも相手に要所を抑えられてしまい追加点をなかなか思うように奪えない展開。一方、先発投手Rそして2番手Y貴のリレーでいい当たりを打たれながらも全員で守り切る展開。後半戦には新境地開拓の足掛かりとなる攻撃を仕掛けるシーンが多数。トピックスとして挙げたいのが、N弥のレフト前ヒットの後、またまた職人芸で思わぬ「匠」ぶりを見せたR斗の三塁線絶妙のセーフティバントヒット。「おおーっ!ウマイ!!」思わずS島コーチと叫んでしまった必殺の一撃!!この「必殺の小技!!」、練習をすれどもなかなか試合で形にならなかったのですが、決まれば痛快の一撃!!得点パターンの「引き出し」追加となるベンチの信頼度を高めるええ仕事でした。本日の試合では、6年生K介そしてRもこのセーフティーを果敢に実行し、見事成功させることができた「小技」大放出の1日。出塁し、走力を生かしながら「1点」を掴みに行くこの戦術!!ジミ〜ですが、ボカンボカンとかっ飛ばして勝てる試合など年間に数えるほどしかありません。練習を重ねたプレイをまずは練習試合で決行し、本番でトライするといったホップ・ステップ・ジャンプの途上をしっかりと見せてくれた試合であったと思います。

島本ジャイアンツの選手の皆さま、指導者・スタッフの皆さま、本日は高槻までお越し頂き、練習試合のお相手をしてくれまして誠にありがとうございました。2試合の中で多くの勉強をさせていただくことができた有意義な1日だったと思っております。是非、またのお相手を宜しくお願い申し上げます。

さあ、明日もまたまた「2元中継」。両チームともに秋季スポ少リーグ戦がプログラムされているぞ!!高学年チームは登町イーグルスさんそして低学年チームは上牧ブレーブスさんと高槻屈指の強豪チームとの対決や!!本日の1戦も含め、練習で積み上げてきた成果をトコトンまで出し切ろう!!夏の「暑さ」は陰りゆくけど、明野タイガースの「熱さ」はまだまだ沸点へ上昇中や!!

9月も中旬・・・いつまで「夏」しとんねん!?・・・燃える明野タイガース、まだまだENDLESS SUMMERなのさ!!

22+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。