本日11月15日。明野タイガースは高学年チーム・低学年チームともに午後からの半日練習プログラム。高学年チームは松原小学校で来たるべく公式戦へ向けての猛練習。そして低学年チームは高槻6中で秋季教育リーグ第10戦目となるレッドバッファローズDチームさんとの1戦。本投稿、2元中継となってしまえば、どうしても私が帯同しているチームがメイントピックスとなってしまいます。「ここんとこずっと、低学年チームの話題ばっかりやないかい!明野タイガースは低学年チームしかないんかい!」・・・と誰も思っていないと思うのですが、書き手の立場からすると少々申し訳ないなあ〜と感じつつ、本日も低学年チームの話題一色になってしまうことをお許しください。2元中継の向こう側ではおそらく5・6年生の虎戦士たちが歯を食いしばって猛練習に明け暮れている・・・はず。卒団の足音も少しづつ聞こえ始めてきた6年生諸君そして次代のリーダーを担う5年生諸君・・・まだまだ目標にすべき公式戦が控えているぞ!この2020年度明野タイガースAチームに残された練習時間を有意義なものにし、レベルアップに努めて欲しいと思います。ではここからは高槻6中での低学年軍団の話題を大いに吠えさせていただきます。本日は入団間近のY月君がお休みだったのですが現時点の現役メンバー18名勢揃い。そして1年生体験生のK翔君とS汰君も途中参加で練習に加わっていただき、総勢20名。元気な声が練習終了まで響き渡るPowerful Sunday。本日の見出し「Voice Work」・・・つまり「声出し」。直近の投稿で話題のワードランキング急上昇中の「IKUMA現象」とワタクシが勝手に称する「バッターに向かってマイ守備位置へ打球を打って来い!」と呼ぶかけ声。その爆音ぶりが際立つ存在感であり、チーム全体に波及し、相乗効果となって元気と気合いが漲っている・・・そのような間違いなくいい傾向のチーム状況。この「IKUMA現象」in高槻6中。本日もしっかりと重高音で炸裂しました。ただ・・・野球軍団における声出しとはこれだけじゃないんだな!この浸透しつつあるVoice Work・・・ドンドン進化させて「強い野球集団」へと繋げていって欲しい。そんなキーワード「声出し」・・・キミはどれくらい、できているかな?

では本日の試合トピックス。昨日同様、選手増殖中・首脳陣困窮中の明野タイガースベンチ。N西コーチによる調理・ホールスタッフ・レジまでの独り切り盛りで店外行列中といったベンチワーク。悩ましい選手起用の中、本日も未来志向オーダー・14名出場・白星GETと万々歳の内容でした。本日、マウンド登板は先発投手MとリリーフK眞の3年生チーム。睨みを利かせるかの如く取り囲むのはキャッチャーH大・ファーストS也・セカンドY志・ショートK佑・サードS大と4年生重役揃いの内野陣。社長・専務・本部長・総務部長らが居並ぶ前で「プレゼンせえ!」と突如のムチャ振りに戸惑いを隠しきれなかったのか立ち上がり制球に苦しんだMでしたがすぐに立て直してK眞とのリレー。重役守備陣も慣れないポジションにアワワワ・アワワワする場面もあり、しっかりせえや!といったプレイもありましたが、トータルでこの守備陣、大きな綻びも無く全員で試合の主導権を相手に渡すことなく守り切れました。「打」も初回攻撃から4年生K佑・S大・S也らがしっかりとクリーンヒットで得点を積み重ね、3年生組もMとI真がこれまた外野を襲うクリーンヒットを放つなど好調キープの状況。みんな、しっかりとスイングできていたぞ!また連日スタメンの4年生S。満塁のチャンスで迎えた第1打席相手エラーを誘う内野ゴロで打点GETに加え、勉強のチャンスさ!出塁GET!!「走」スイッチが完全に全開モードのS!!勢い余ったドリフ大爆笑バリのハチャメチャランナー劇場炸裂もご愛嬌(*^^*)誰もが通る道だぜS!!しっかりとルールと状況判断を体で覚えて、ランナーワークを練習していこう!!そして冒頭でもご紹介した「Voice Work」・・・レフトI真のみならず、ほぼ全員の絶叫が守備位置から6中全土に響き渡っていました。圧巻の元気パフォーマンス度であり、ある意味、強烈な威圧感を与えていることは間違いなく、大きな称賛を送らせて頂きたいのは間違いない事実です。選手諸君!この守備位置からのボールを呼ぶ声・・・大合格です!!今後も野球選手である限りは続けて欲しいし、もたらす効果は味方チームの仲間達そして相手チームにも絶大なものがあるでしょう。今後は、これをどんどん進化させることにチャレンジしていって欲しい。野球における「有効に声出し」すべきシチュエーション・・・多々あると思います。列挙し出すとキリがないのですが、投手がしっかりとストライクを投げ切った際の「かけ声」。ボールが飛んだ先、投げる先を指示する「かけ声」。ランナーコーチとして相手守備陣の動きを伝達する「かけ声」。塁上にランナーを背負った場面でのアウトカウント確認の「かけ声」・・・他にも多数あるのですが、全員がしっかりとこういった場面場面で有効な「声」を今、キミ達が実践している「爆音ボイス」でしっかりとコミュニケーションする・・・これは理屈では無く日々の練習で取り組み、試合中には「勝手に声が出る」となることが目標や!!肝心なところでしっかりと有効な「声」を出すためには・・・野球をトコトン知らないとできません。これを低学年チーム時代にしっかりとコンプリートできる選手そしてチーム・・・「強いチーム」なのだと思います。これだけの「爆音ボイス」をしっかりと廻せた結果、今秋の好成績にもちゃんと連動してるんや!!更なる進化を遂げていこう!!

試合終了後にはなんと低学年チーム紅白戦も敢行!!大人組を入れることなく、互いに9名vs9名での紅白戦。こんな芸当もできるようになったんやねえ〜とやや感慨深く見させていただきました。本日の試合に出場できなかったメンバーもしっかりと試合形式の中からいろんな動き方などを勉強できたんじゃないかな!?また、1年生K翔君&S汰君も最後には明野現役メンバー守備するフィールドへ4打席のバッティングコーナー。しっかりとスイングしてそしてしっかりと1塁駆け抜け走塁!!体験練習期間に頑張って取り組んだことがしっかりとできていました!!本日は短い時間だったけど、参加してくれてありがとう!!「2人とも1年生なんですか!?」「マジ!?」すっげえモン見たぜ!てな感想が現役選手メンバーから漏れ伝わってきました。K翔君・S汰君!また次回の参加をお待ちしています!!

本日のキーワード「Voice Work」・・・高学年チーム軍団とて同様よ!!キミ達はもっと高いレベルでワークさせて欲しい。次週、松原小学校A面練習でランデブーとなる際、「声」で負けるなよ!この低学年軍団・・・数もしかりですが、そのハイトーンボイス・・・強烈やで!!

さあ、次週は3連休。両チームともに交流戦調整中!!満喫の野球の秋もいよいよ終盤戦や!!

22+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。