本日12月6日。野球少年たちにとって天の御恵みともいえるポカポカ☀陽気に包まれた1日。明野タイガースは大冠小学校にて高学年チーム・低学年チームともに午後からの半日練習。直近の試合で収穫として持ち帰った宿題に取り組む高学年チーム。新入団生溢れる3年生以下メンバーもレベルアップ組と初級編マスター組に分かれての基礎練習にしっかりと取り組んだ元気溢れる練習風景でした。目の前に秋の公式戦を見据えた「繁忙期」は終了し、これから春まではしっかりと練習三昧。自分自身のスキルアップ向上を目指し、メンバー間での競争となる両チームなのですが、まだまだ野球経験の浅いメンバー多数の明野タイガース。この練習の中でしっかりと「野球」たるものも知って欲しいと思っています。本日の練習に参加して改めて感じたのですが、野球ってホンマ、ルールや動き方などが複雑に入り組んで、覚えるのが大変!!ワタクシ自身も数十年前、野球を始めたのがこの「少年野球チーム」。どうやってこの複雑なルールを覚えたんやろ!?・・・錆びついた脳ミソをフル回転させて当時の記憶を呼び起こすのですが、あの日、あの時、あのコーチに・・・といったドンピシャの正解はありません。練習でそして試合で数多くの失敗をし、現代ではご法度「ド昭和」の鉄拳制裁を浴びることしばしばの中、気が付いたら身についていた・・・これが正直な感想です。守備の場面においても攻撃の場面においてもアウトカウント・ランナーの配置状況によって動き方や判断が変化し、どういった動き方をすべきなのかをしっかりと頭の中で準備することが求められる「野球」。組織的にこの「野球」をするためには「投捕打守走」のプレイスキルが優れているだけでは不可能です。チーム全員がしっかりと「野球」を理解していることが前提です。その為には練習でそして試合でこの「野球」を深く知り、実践できるようにまずはしっかりと覚えていこう!!そこで本日の「今日のひと言」はどれだけ答えられるかな?「野球テスト〜ランナー編:超初級〜」。新入団生選手諸君はぜひ、トライしてみて欲しい。グランド外でのこういった「知識」の吸収で野球に触れる・・・結構大事なんだぜ!!

◆第1問

ノーアウトランナー1塁はA君。ヒットで出塁し、ノリノリの塁上です。次打者が放った一打はショートフライ。積極的に3塁さえも狙ってやる!とグングン走塁が加速するA君。このA君のランナーワーク。「○」か「✖」か!?

◆第2問

ツーアウトランナー1塁はG君。センター前クリーンヒットで出塁!!次打者が放った一打はサードフライ。1〜2塁間のハーフウェイで三塁手の動きを窺うG君。このG君のランナーワーク。「○」か「✖」か!?

◆第3問

ワンアウトランナー2塁はH君。ヒットを放ち盗塁成功させ、2塁に到達しドヤ顔のH君。次打者の放った一打はいい当たりですがショートゴロ。積極的に次の塁を狙うH君は迷うことなく3塁へ駆けだしました。このH君のランナーワーク。「○」か「✖」か!?

◆第4問

ワンアウトランナー1塁2塁。2塁ランナーはヒットで出塁し、2塁到達のS太君。バッターの放った一打はサードゴロ。三塁手の動きを2〜3塁間で見定めて、3塁への進塁を窺っています。このS太君のランナーワーク。「○」か「✖」か!?

第5問

ノーアウトランナー3塁はS君。レフトオーバーのスリーベースヒットで出塁。次打者の放った一打はサードゴロ。3塁に帰塁できる位置で三塁手の動きを窺っています。このS君のランナーワーク。「○」か「✖」か!?

第6問

ワンアウトランナー3塁はI/K大君。ヒットと2盗塁で3塁へ到達しました。先制点が欲しい同点の場面です。次打者が放った打球は大きなセンターフライ。帰塁し、スタート態勢でセンターが捕球するタイミングを窺っています。このI/K大君のランナーワーク。「○」か「✖」か!?

第7問

ノーアウトランナー2塁3塁。3塁ランナーはヒットで出塁し、3塁に到達したS汰郎君。同点で迎えた終盤戦の場面。相手守備陣はいわゆる「ボール4つ」のバックホーム態勢。バッターが放った一打は1塁線に力なくボテボテと転がるゴロ。迷うことなくホームへスタートを切ったS汰郎君。このS汰郎君のランナーワーク。「○」か「✖」か!?

第8問

ツーアウト満塁で3塁ランナーはN/K大君。同点の最終回、先頭バッターでヒットを放ち、3塁に到達しました。生還すればサヨナラ勝利となるこの場面。バッターのカウントは3ボール2ストライクといよいよ大詰め。投手が投げた次の瞬間、ホームに向かってN/K大君は駆け出しました。このN/K大君のランナーワーク。「○」か「✖」か!?

第9問

ノーアウト3塁のランナーはY月君。1点を追う攻撃の場面、特大スリーベースヒットで出塁。ここで監督から出されたサインは「スクイズ」。バックホーム態勢を敷く相手守備陣。執拗に警戒し、3塁牽制球を繰り返す相手ピッチャー。そのピッチャーがバッターに向けて投げた瞬間、Y月君はホームに向かってスタートを切りました。このY月君のランナーワーク。「○」か「✖」か!?

数々の試合をくぐり抜けてきた歴戦の明野タイガース選手諸君にとっては「なんじゃこの問題!?舐めてんのか!?」と思われるかも知れませんが、こういった状況判断のプレイ。試合において、特に緊迫した場面で100点満点のプレイが実践できるかどうかは・・・どうだろう、ヒジョーに疑問やで!?これらの例題よりももっと悩ましい状況判断が求められるケースもあるのですが、こういった知識をしっかりと練習で体に染み込ませて、試合で遭遇したら、しっかりと頭の引き出しから取り出して準備する!メンバー全員がしっかりと実践し「野球」ができる組織力を目指そう!!

注)問題中に登場するイニシャル君は全てフィクションであり、特定の個人を表すものではございません。

さあ、来週は明野タイガース冬のイベント「スポーツ王はオレだ!」がスタンバイ中だぜ!!昨年の自分自身の記録を上回ったぞ!てなドヤ顔溢れる風景を期待させて頂きます。その為には、しっかりと今週平日は規則正しい生活をして万全で週末を迎えよう!!

2020年の明野タイガース「スポーツ王」はキミだ!!

17+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。