本日2月11日。2月に入って、もう春の足音が近いの!?と思うような好天と程良い陽気に包まれる野球日和が続いており、本日もしっかりと「右にならえ」したかのようなSmiling Holiday!!明野タイガースは松原小学校終日全面独占貸切となった1日練習。高学年チーム・低学年チームともに投捕守打走たっぷりと練習ができました。前回の投稿でもお伝えした通り、秋季スポ少リーグ戦が無念の中止決定となり、明野タイガースの公式戦は両チームともに2020年度全日程終了。6年生の卒団式まで3週間を残すもののチームとしては2021年度体制へ名実ともにシフトチェンジ。約1か月後に控えた春季高槻市長杯にその照準を合わせての練習へ今後、加速度を増すこととなります。懸念されるコロナ情勢も予断は許さないもののやや下火の傾向にあり、2021年度の春季大会は市長杯を筆頭に概ね開催されるものであると想定すれば、ボチボチ、両チームともにチームの骨組みあたりは見えつつあるかな!?といった現在地。既に2021年度指導者編成は内定しており、両首脳陣もおぼろげながら見えてきたチームの構想をより固めていく時期に到来しつつあると申し上げても良いでしょう。そんな本日、まだまだ誰もが期待と不安に満ち溢れる現時点の状況下、「2021年型ジェット」を操るコクピットの司令塔である「背番号10番」・・・すなわち新キャプテンが本日、任命されました。高学年チームはN弥!!そして低学年チームはD樹!!その旅路の命運をコントロールさせる重要な人事通達であるのですが、ワタクシの私見を述べさせていただいても、一切異論のない「なるべくしてなった」リーダーだと断言致します。N弥そしてD樹・・・恐らく主戦捕手をメインポジションとして務めてもらうことになるだろうこの両名。意気に感じてチームを先頭で引っ張っていって欲しい。そして新6年生そして新4年生メンバー諸君はしっかりとこのキャプテンを支えてチーム全体を盛り上げて欲しいと思います。

そして新チームのポジション構想。もしも選手諸君もこの投稿を読んでいるのなら、冷静に第三者として客観的にチームを分析し、適材適所のポジションにメンバーを当てはめてみるならどうだろう!?特に卒団を控えた6年生諸君には一度、キミの意見を聞いてみたいなあ〜と思っています。チームメンバーの特性と力量、そして適性とモチベーションを加味した今後の伸びシロなども踏まえて、根拠のある、「適材適所」を考えてみて欲しい。私も一度、現時点でならばこうかなあ〜といったポジション構想を思いめぐらせたことがありますが、両チームともにかなり難解です。特に内野手・・・10人に聞いたら10通りのパターンになるのでは・・・裏を返せば、確固たるレギュラー候補生で固まっていないという事、もっと言えば、まだまだ開幕まで1カ月余りのこの時期、集中力溢れる自主練を重ねて週末の全体練習の場でしっかりと発揮して「化けて」欲しい。例えるならば「オセロの角」がまだまだ空いている状態。これからの頑張りで「角」をGETすれば、現状の首脳陣構想を一挙に裏返せるチャンスがまだまだ残っていると申し上げてよいと思います。思い描くレギュラーポジションGETへここからさらにギアチェンジや!!

さあ、卒団式となる2月28日までカウントダウンの日々となっておりますが、「交流戦」がその間にプロットされているぞ!!予定では現Aチームによる卒団記念交流戦。そして新Aチームによる1戦。さらには新Cチームでの1戦も調整中です。特に約2ヶ月間、練習・練習また練習だった低学年チーム選手諸君はそろそろ試合・・・やってみてえよなあ〜!!ハイ!事務局長にお・ま・か・せ!!

20+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。