連日のポカポカ陽気指数はさらに上昇を続け、もはや初夏を思わせる快晴のバレンタイン・サンデーとなった本日2月14日。明野タイガースは松原小学校・高槻6中の2元中継となる午後練習。両会場には欠席無しの選手達だけでなく明野OBの高校3年生Y太先輩&中学1年生Y太先輩の歴代サウスポーエース「W-YUUTA」ランデブーを含め、大人組も多数参加。アンタもワタシも体を動かさずにいられないこの野球日和。半袖姿もチラホラ出現する中、たっぷりと汗を流しました。これに先立ち、3月28日に開幕を迎える春季高槻市長杯の組み合わせ抽選も本日行われ、新Aチームそして新Cチームともに対戦相手が決定!!名実ともにリアルな目標が設定され、春季シーズンを戦うべく実戦想定の練習風景となりました。本日はワタクシがどっぷりと帯同させていただいた高学年チームのレポートをメインに「今日のひと言」・・・吠えさせていただきます。まずはこの冒頭コーナー、現在もワタクシの瞼に焼き付くスマッシュ・トピックスのご紹介。高学年チーム練習後半戦に実施した紅白戦形式実戦練習。さながら現AチームVS新Aチームの構図だったのですが、4年生Sの快心の一撃!!5年生R斗の試合モード投球をドンピシャタイミングでフルスイングした当たりは真っ芯で捉えたレフトへのライナー弾道!!ヒットにこそならなかったのですが、痛烈な一撃!!バッターボックスでのその「構え」も見違えるほど進化して雰囲気満載!!昨秋入団より3ヶ月強、歴戦メンバーに追いつきたい一心でモーレツに頑張って来たんだなあ〜!!Sと握手したいような気持にさせてくれるナイスバッティングでした!!自信になったやろS!!こうして野球は面白くなってゆくんだぜ!!

では実戦形式で行われた「残す者」VS「継ぐ者」対決。注目の新Aチーム、23日に行われる練習試合での仮想オーダー!?的なラインナップで現Aチームにどれぐらい食い下がれるのか!?見どころ満載だったのですが、結果は・・・(T_T)!!想定以上になす術無し・・・はっきり言い切ってしまえばやられたい放題・・・ワタクシが吠えるまでも無く、何対何でどっちが勝った?・・・そんな「結果」などどうでもいい。シーズン開幕前のこの時期、「失敗大放出セール開催中」で全然OKや!!大事なことは、本日のこのプロセスを自分自身でしっかりと振り返る事!!制球定まらずに苦しんだH都⇔N弥のバッテリー。独り相撲で痛恨の失点献上の場面も多数ありました。三塁線へのバントやボテボテゴロをアウトに仕留めきれない内野守備。初回先頭打者をエラーで出塁させてしまう悪いリズムなど、その「大セール」は出血大サービスセールとなったけど、これらは、この練習を実施して気付いた・・・もしくは浮かび上がった明野タイガース新Aチームのウィークポイントだということ・・・これをしっかりと全員が認識して欲しい!!ランナーを背負った際の慎重なバッテリーワーク・ダッシュ効かせて突っ込んでファーストスローする打球への反応・イニングの先頭打者に対する集中力の強化などなど・・・しっかりと回顧してドンドン次回に到来するこういった場面に備えて欲しい。この意識がなければ・・・ズルズル1年このままやで!!しかしながらセカンドS佑がこの新チームにおける自分自身の立ち位置をしっかりと自覚しての声出し番長ぶり・・・すごくよかった!!他メンバーを鼓舞するような言動でシャウトし続けていました。内野陣のリーダーS佑!!1年間、「番長」を頼んだぞ!!

一方、公式戦の重圧から解放されたのか卒団を前にして「解脱」の境地に入ったのか6年生諸君の見違えるような圧巻パフォーマンス!!「新Aチームなんざ100年早えぜ、オレ達が壁になってやるよ!!」てな容赦ない「カワイがり」ぶり。繰り出すスイング全て痛烈なクリーンヒットのK介。貫録のライトオーバーでスタンディングダブルはK。快刀乱麻の完投でノーヒットピッチングのY貴。打っては先制タイムリーそして相棒を本日も気分よくリードするキャプテンR。ファウルで粘り倒して出塁しまくる得意のクセ者ぶりを後輩相手にも容赦なく発揮しまくったR興!!「オマエら!今まで数多く戦った公式戦でやらんかい!!!」6中の放送室へ乗り込んで、マイク大音量で叫んでやりたい気持ちでしたが、この6年生軍団のイキイキした表情・・・気持ちいいのよボク達!!とばかりにダイヤモンドを駆け回った野球小僧。次週、交流戦とは「名」ばかり。事実上、卒団記念交流戦として公式戦同等の扱いで戦うヤンキースさんとの最後の1戦!!本日のような笑顔満載で最後の雄姿を見せてくれ!!

さあ、2020年度明野タイガースも稼働日あと5日。最後の最後にリタイヤすることなく、全員で6年生とともにゴールテープを切ろう!!なんやまた、「冬」が帰って来るみたいやね・・・!!

20+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。