相変わらずタマラン暑さやで~!とうんざりしたくなる今年の夏休みも折り返し地点となる今週末の3連休。もはや正気!?いやいや、当然でしょう!!我らが明野タイガース。ノンストップとなる3日連続の1日練習DAYSプログラム。初日となった本日は高学年チームも低学年チームも久しぶりとなるアベック1日練習の巻。この野球小僧修行編、キミも筋金入りの修行僧やな!!先週に引き続きビッグタイフーン4年生S介クンは3日間のフルイニング出場宣言。さらにお馴染みすぎるブラザー練習生S汰クン&K翔クンも交えて、夕方まで元気一杯、お約束の「ギブミーウォーター」ズブ濡れ編も随所に挟み、賑やかな練習風景でした。この2021年夏休み。世間を席巻する話題はまさに「明」と「暗」・・・今週末に閉幕となってしまいますが、連日、熱く盛り上がる「東京オリンピック」とどうにもこうにも感染拡大が止まらない「コロナショック」・・・2つをリンクさせて批判のマトとなってしまっている感のあるこの賛否両論「東京オリンピック」そして、夏の高校野球甲子園大会へとそのバトンを渡す2021年夏休み。個人的にはたまらなく楽しい毎日であり、コロナの暗いニュースさえ忘れさせてくれる、スポーツ観戦をこよなく愛するワタクシにとっては至福の日々であると申し上げさせていただきます。そんなオリンピックの感想なども少々吠えさせていただくと、開幕早々、興奮の金メダル獲得となった女子ソフトボール・・・初めてマジマジとその競技に触れ、その美しすぎる技に魅了されたサーフィン・・・夢叶わなかったけれども、ガチで絶対王者に挑み、さわやかすぎるその健闘にオジさん思わず目頭が熱くなってしまった女子卓球・・・ヨーロッパや南米の強豪相手に最後まで諦めず立ち向かい、チームを引っ張り続けた吉田麻也のキャプテンシーと若きエース久保建英の今後の底知れない可能性に未来を思い描いた男子サッカー・・・そして明らかな体格差をモノともせず、小柄な軍団がビッグな敵をなぎ倒す、いわゆる、「柔よく剛を制す」を体現した女子バスケットボール・・・そして何といっても真打ちは本日決勝戦!!侍ジャパンの死闘の数々、栗林投手のシビレるタイブレークのゼロ封や山田哲人選手の決勝ツーベースなどなどもうたまりまへんわ!!ワタクシの率直な感想・・・判で押したようなスタジオでようわからん芸能人たちが「いや~感動をもらいました!日本中に勇気を与えました!」などのチープな見解はワタクシは持ち合わせておりません。この世界を相手に戦うアスリート軍団・・・ワタクシはただひたすらに「カッコいい」「なんてみんなカッコいいんだ!!」・・・ええおっさんがヒトに惚れてしまう瞬間の数々でした。それぞれの世界で頂点ともいえる「ヒト」が究極の努力をして、自分の持っている力を最大限に発揮する・・・その瞬間に見せる表情や涙はこれほどまでに「美しい」ものなのかとええ歳して今更ながらに思ってしまいます。時代とともに鍛錬してゆく過程は進化しても、スポーツの世界において、真剣にプレイし、笑い・そして泣き・歓喜する心は不変なのだなあと再認識させられたこの「東京オリンピック」でした。まだまだ小学生である明野タイガース選手諸君!!キミ達もこのスポーツの世界に生きる一人です。そんなキミ達にいつまでも忘れてほしくないスピリットが詰まった素晴らしいシーンがこの東京オリンピックのヒトコマとしてありました。昨日行われた女子1500m走決勝戦。野球やサッカーそして100m走やリレーと比べてやや地味な色のあるこの競技。アフリカ軍団が圧倒的な王者として長年君臨し、日本人には高すぎる壁がそびえたつこの競技。史上初の決勝進出だけでなく素晴らしい好記録で8位入賞を果たした田中希美選手が競技終了後に見せてくれたそのシーン・・・ワタクシは完全に心を鷲掴みされてしまいました。充実感あふれる表情で国立競技場のトラックに大声で一礼「ありがとうございました!!」・・・深く頭を下げ、グランドを後にしてゆく姿・・・TV画面を通じてもはっきりと伝わる大きな声で自分の最高のパフォーマンスを発揮させてくれたグランドに心から感謝の「礼」・・・おそらく競技人生スタートさせたそれこそ小学生の頃から当たり前のラスト・ルーティーンなのでしょう。これぞ、全てのスポーツ小学生への「お手本」です。本日の「今日のひと言」・・・明野タイガースの本日の活動から大きく脱線する冒頭となってしまいましたが、吠えずにいられなかったこの話題。「見てへんがな!」てなアナタ!!youtubeで検索必見ですぜ!!

では本日の松原小学校での練習トピックス。午前は守備・走塁練習にたっぷりと時間を費やした両チーム。低学年チームは本日総勢19名。2チームに分かれての試合形式練習で実戦モードを高めました。本日、大いに吠えたいのが「激戦区!4年生軍団」。S介クンを含めると12名在籍のマンモス世代。現在の勢力図を文字化すればD樹組長・K眞大統領・プリンスMの「ボス軍団」がリーダーとして君臨し、I真・A叶・S太・I/K大・N/K大・S汰郎・Y月・T希が必死のパッチでボス軍団を追いかけるといった構図。ここにビッグタイフーンS介クンが加わり、ますますレギュラー争いの激しさが増しているといった状況。それぞれに得意不得意はあるものの基礎野球スキルは備わってきており、「次の殻」を破って、「オッ、コイツ頭ひとつ抜けてきたな!!」てな存在感溢れるプレイを練習で試合で見せて欲しい段階にステージは進んでおります。選手諸君!!ワタクシがその頭一つ抜けるために「条件」としたいことはこの1点のみ!!「失敗を恐れない積極的プレイ」・・・これを見せて欲しい。「打」ならば空振り三振など一切恐れるな!!「守」ならばエラーを恐れるあまり消極的姿勢になるな!!三振やエラーは「成功」するために必要なステップや!!ドンドン失敗して欲しい。しまくって欲しい。そうしないと「どうやったら打てるのか!?」「どうやったら捕れるのか!?」を体が覚えてくれません。でも・・・大事な試合だから・・・んなもん一切カンケーねえぜ!!キミが試合の中で真剣にトライして起こってしまった失敗など、「太陽系の小さな出来事」だぜ!!こうした積極的プレイを繰り返すその先に「レギュラーポジション」を掴みとったキミが試合中に大声を張り上げていることでしょう。そんなキミに掴み取って欲しい・・・ワタクシはそう思っているよ。メラメラと炎が燃える戦国時代感漂うそんなキミ達に絶好の舞台を用意しました。明日・明後日は練習試合です。秋の大会に向けて、強敵に胸をお借りする場・・・キミ達の熱く燃えるプレイを期待しているぞ!!

さあ、今夜は早よ寝てまた、明日からの練習に備えてくれよ!!と言いたいところですが、無理のない範囲で「東京オリンピック決勝戦!!」・・・ぜひ、テレビ観戦してみて欲しいぞ!!

皆さんがこの投稿をお忘れなくチェックしてくれる頃・・・歓喜に包まれているかな!?

22+

2件のコメント

南松原町の虎ファン · 2021年8月7日 22:57

侍ジャパン金メダル!やりました!
日本野球界や多くのファンの夢が叶いました!
(今、表彰式で金メダル授与中です。みんなカッコイイ!)

明野タイガースの選手達は見ていたかな?
みんなが今日のオリンピックの応援のために寝不足になったとしても怒れないですね(^^)
今日の決勝戦では、ピッチャーの森下、千賀、伊藤、岩崎、栗林と、キャッチャーの甲斐とのバッテリが見事に強豪アメリカを抑え、”相手を0点に抑えたら絶対に負けない”を実践した、本当にお手本のような試合でした。
東京オリンピックには賛否両論ありますが、この金メダルが日本で野球をしている子供たちに夢を与えるものであってほしいですね。
侍ジャパンのチーム全員が素晴らしかったのは勿論ですが、事務局長のコメントのとおり、これまでの日々の努力のたまものであり、試合で自分の力を出し切ることができる強さが今回の全勝優勝につながったと思います。

明野タイガースの選手達も侍ジャパンの選手達のようにひたむきに努力を続け、自分の力を発揮できて、それぞれの夢に挑戦し続ける人になってほしいです。
これからも「夢、叶うまで挑戦!」

1+

    akenotigers · 2021年8月8日 00:12

    南松原町の虎ファンさん

    侍ジャパン!やりましたね!!ド派手に打ち合って取って取られての打撃戦もおもろいですが、この決勝戦のような緊迫の投手戦!!金メダル争奪戦に相応しい素晴らしい試合だったと思います。
    野球観戦大好きな選手諸君も食い入るように見入ったんじゃないかな!?現在、野球人口減少が進む中、そのすそ野拡大にも繋がって欲しいとも感じた「東京オリンピック金メダル」に酔いしれた夜でした。

    そしてこの試合のエンディングもまた、選手諸君達に心に刻んで欲しい素敵なシーンでした。死力を尽くしてこの決勝戦を戦った日本とアメリカの全選手がお互いの健闘を称えあい、互いに全メンバーと握手を交わし合ったシーン。特にDeNAのオースティンと山田哲人が笑顔で二言三言交わしながら固く手を握り合ったシーンは印象的で戦い終えたライバルそれは「友」と同義語なんだなあと感じるとともに、野球だけではなくスポーツは「相手」があって初めて成立するもの。全力で戦ってくれた「相手」に心から敬意を表す・・・それは小学生であっても高校生であってもプロの世界であっても・・・改めてスポーツっていいもんだなあ、明野タイガースの選手諸君もいつまでもこういった気持ちを持ち続ける「選手」であって欲しいと感じましたね。う~ん!!ワタクシちょっと今夜はちょっと酔っ払っちゃってるかな!?ガラにも無く・・・たまにはええことも言うんですよ!!
    <事務局長>

    2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。