本日9月20日。高槻市における野球少年の楽園である「牧田アイランド」2DAYSプログラムの2日目となった本日は1日練習の巻。まずは本日も高槻市スポーツ少年団さまならびに本日も快くグランドお裾分けをいただきました富田少年野球さま関係者の皆さまの優しいお心遣いに心より感謝を申し上げさせていただきます。「1日練習、一緒にグランド使いましょうや・・・」これだけでも十分すぎるありがたいプレゼントであるにも関わらず、昨日に引き続き本日は低学年チームの交流試合までセットしていただける嬉しすぎるご配慮。次週に秋シーズンの開幕戦を控え、実戦形式での練習シーンが欲しかった低学年チームにとっては本当に有意義な時間となりました。「緊急事態宣言」によるグランド使用禁止指令!!発令された際は「せめてジプシー生活しながらも河川敷練習だけでもできれば御の字」と思っていたのですが、この素晴らしい球友の皆さまのおかげで通常DAYSと遜色ない充実した週末を送らせていただいている明野タイガース。こうした「仲間」に最大限のリスペクトを抱いて、本日も元気一杯、1日練習を完走させていただきました。そんなグランド事情の中、工夫を凝らした練習メニューと時間配分が成せた業なのかもしれませんが、この「今日のひと言」を彩る「夢の競演」が実現!!午後イチのD軍団メイングランド使用練習タイムでA軍団&D軍団のコラボ練習発動!!D軍団のフリーバッティングの守備陣は全て5・6年生のA軍団が仕切らせていただきやす!!てな「アンちゃん軍団inZOOAKENO」のレアな練習風景。名曲、財津和夫「サボテンの花」を大音量でBGMとして響かせたい「ひとつ屋根の下」テイスト満載のハートフルなヒトコマでした。素晴らしいコントロールでバッティングピッチャーを務めてくれたR斗。さすがの守備力でアンちゃんの貫禄を見せてくれたS佑&A憲。「いやいや、先輩、そんなに忖度せんでええって!」「えっまさか!今のガチ!?」てなお約束シーンも交えながらの1時間。集中力MAXのバッターボックス。精一杯の力でかっ飛ばし、出塁すればオロオロしつつも覚えたてのランナーワークで次の塁を狙う!AもK亮もGもHもT海もこの1時間・・・すげえ勉強になったと思います。メンバー増強でチーム構成がセパレート体制となり、同じ明野タイガースファミリーでありながらなかなか交流の機会が少なかったこの「アニキとオトウト」・・・2021年度明野タイガース「心のフォトブック」にしっかりとダウンロードされた楽しい時間でした。高学年チーム選手諸君!!おもしれえ軍団だろ!コイツら!!ぜひ、週末だけでなく放課後や合同自主練習などの機会があれば、声をかけてやってくれよ!

ではここからは本日のメインイベントである4年生軍団による富田少年野球さんとの交流試合のトピックスを大いに吠えさせていただきましょう。試合を終え、とにもかくにも「まず」の感想をこのひと言に凝縮させていただきましょう。「練習はウソをつかない」・・・メンバー全員、自信に満ち溢れた表情で大声出して戦いぬいた素晴らしいパフォーマンスの連続でした。本来ならばこの夏の終わり・・・鬼のN西ヘッドコーチの繰り出す地獄メニューを全員で歯ア食いしばって練習しまくってきたSummerDays。その成果を発揮させるべく対外交流戦で実戦モードへと高めたい時期だったのですが、もう、それは言うまい!あれもこれもそれも・・・あ、もひとつこれもと実戦で発揮したい「練習の証」を未完成ながらも果敢にチャレンジしまくれた1戦だったと回顧します。こうなりゃ、もうグダグダ前置きはここまでにして、例によって「ええ場面だけを切り貼りしまっせ!!」この今日のひと言・・・では早速紹介しましょう!本日の「ええがな!」・・・久々の試合だったのでちょっとエンジンかかるのに時間がかかったかな!?「0-2」で迎えた最終回4回表の攻撃。ほぼこのイニングに大集結したビッグ・パフォーマンスの数々。口火を切ったのは5番打者S介。醸し出すオーラに相手外野陣が深い守備位置へとシフトするのもお構いなし。2ストライクから捉えた一撃はレフトオーバー特大のソロホームランで反撃開始!!「新戦力本領発揮!?」「いやいや、もうどっぷりとタテジマ戦士ですぜ!!」まさにビッグタイフーンS介がフィールドの雰囲気を一変させると6番打者I真そして7番打者I/K大の連続ヒットに果敢なランナーワークでたちまち同点。そして押せ押せムードのノーアウト3塁の場面、ワタクシ個人的には本日最大のハイライトシーンが8番打者S太の絶妙な勝ち越しスクイズ。練習したよなS太!めちゃめちゃ練習しまくったよなこのシーン!次の塁、そしてその次の塁と神経研ぎ澄まして狙い落した3塁ランナーI/K大との待ちに待ったコンボプレイ炸裂!!こうして「アフター5」が塁上を掻き回し、トップバッターK眞をさらなるチャンス拡大のシーンで打席に迎え入れる組織的攻撃。期待に応えない大統領ではありません。見事に左中間を理想の弾道で仕上げてくれたK眞のツーランホームラン。そこからもさらに加点し、メイク・ザ・ビッグイニングで逆転成功し、ラストシーンとなる最終回の守備編。ツーアウトから相手打者の放った打球は痛烈にライトを襲うライナー弾道。結構、難儀な打球だったのですが、涼しい顔して捕獲成功!!本日のナイスゲームを締めくくるにふさわしいライトT希のスーパーキャッチでゲームセット!!・・・こうして目を閉じれば、白星GETはするもののD樹・M・K眞のボス軍団3人衆の活躍だけが目立っていた春シーズン。本日も2安打3出塁、守っては「捕・遊・投」で要職を務めあげたキャプテンD樹に公式戦に向けて上々のピッチングを披露してくれたエースM・そして本日も大活躍のリードオフマンK眞・・・進化した存在感で極太の「幹」としてチームの主役に君臨しつつも、その土台の上でオラオラ、オレ達だって負けちゃいねんだぜと存在感発揮のワークマン達。掛値なしで、進化した姿をバチバチに見せつけてくれたと断言致します。さあ、秋の開幕戦となる「9・25」・・完全に「LockON」したぜ選手諸君!!本日以上のスピリットで、次週、全員でチャレンジしよう!!

富田少年野球低学年チームの選手の皆さま、指導者・スタッフの皆さま、本日はグランドをお借りするだけでなくこのような交流試合の場を設けていただき心より感謝申し上げます。鍛えられているなあと感心する堅い守備陣に鋭いスイングの攻撃陣、明野タイガースにとって勉強させていただく内容ばかりでした。貴重な時間であるにも関わらず、お時間を割いていただき誠にありがとうございました。ぜひまた、交流の機会を宜しくお願い申し上げます。

さあ、「解除のXデー」がそろそろランプ点滅し始めてきたかな!もしそうであるならばこの漂流生活もあと稼働3DAYS。定員オーバー寸前のこのイカダボート・・・コンパスは滑走路整備が進む「MATSUBARA AIRPORT」へ針路を向けているぜ!!

でも・・・みんな!感染予防!怠らずにね💛!!・・・「オマエもじゃ!!」


4件のコメント

千代田愛虎党 · 2021年9月21日 21:31

お疲れ様です。交流試合ですが、前回悪いイメージで終わった相手に見事な試合でした。私が常に思う明野タイガース版いてまえ打線が機能した試合だったと思います。やはりS介の一発が印象的ではありますが、1番~9番までの打線の猛攻が圧巻でしたね。(笑)

下位打線の底上げが秋期市長杯の鍵を握るであろうと思っましたがようやく形になったように思います。

まあ打線は水物とはよく言いますので好調を維持して土曜日を迎えたいですね。

    akenotigers · 2021年9月21日 23:02

    千代田愛虎党さん

    低学年チームのご意見番。ひと昔前の探偵ナイトスクープに例えるならば、キダタロー最高顧問的な立ち位置を完全に確立された愛虎党さんらしい鋭くも愛にあふれたコメント・・・今週もありがとうございました。
    一夜明けて改めて振り返っても、交流試合であったとはいえ、攻守に高い総合力を保有し、ハイスペックなメンバーを揃えた相手に臆することなく様々なチャレンジをやってのけた選手諸君ならびにベンチワークに改めて最大限の敬意を表したい1戦であったと思います。しか~し選手諸君、野球なんてそんな甘いモンではありません。この1戦で得た確かな自信はしっかりと体中に刻みこみながらもそこで立ち止まるのではなく、2試合・3試合いやいや10試合・20試合と安定してこういった多彩な攻撃やディフェンスパターンの中で自分自身の役割を自由自在に操れるようになって欲しい・・・それぐらい高い期待を抱いているチームです。ちょっとほろ苦い「猛省」を余儀なくさせられたシーンだって、決して「ひとごと」ではないんだぜ!!「明日は我が身」と全員がインプットし、必ずや次の機会でベスト・パフォーマンスを発揮して欲しい。そう、ガチで!!「夢」を追いかけるなら、たやすく泣いちゃだめさ♪♪・・・大丈夫、キミ達の野球脳潜在意識には「Revolution」・・・わかり始めているんだぜ!!
    <事務局長>

南松原町の虎ファン · 2021年9月20日 22:09

本日の日差しと同様、事務局長のブログも本当に熱いですね!
このような時期にもかかわらず、試合会場としても使うグラウンドで
公式戦に向けた練習ができるなんて、本当にスポ少や富田少年野球団の皆さまに
感謝致します。
午後の低学年交流試合では、前回、8/1のスポ少リーグ戦で引き分けでしたので、
引き分け再試合として決着をつける気持ちでベンチから応援していました。
本日の試合でも過去の試合と同様に、選手のよそ見や後逸、サイン見逃し、悪送球、
連続四球、ランナーコーチ声無しなどアカンところも多く出てしまいましたが、
一番良かったことは攻撃陣の充実ぶりですね。
もちろんS介やK眞のホームランも大きいですが、事務局長と同じく、個人的には
S太とT希の下位打線でも小技を駆使して得点を重ねることができるとわかったことが
本日の一番の収穫だったと思います。
これで1番から9番まで全員がそれぞれの個性を発揮して絶え間なく攻撃できるため、
これまで以上に得点できるシーンが増え、トーナメントでも勝ち上れるチームに
なりつつあると思います。
次週から始まる市長杯では、コロナ禍で試合ができる喜びを胸に、
練習不足によるミスもたくさん出るかもしれませんが、「頂」を目指して、
一人一人がミスを恐れず精一杯のプレーをして試合を楽しんでもらいたいと思います。
野球はチームスポーツであり、全員がホームランバッターやエースである必要はなく、
むしろ一人一人が自分の役割を知り、試合で最大限のパフォーマンスを
いかに発揮できるかにかかっていると思います。
自分を知ることは大人でも難しいことですが、今後も選手を観察しながら
選手と一緒になって原石の輝く部分や輝き方を探していきたいと思います。

感染予防を徹底して、夢叶うまで挑戦!

    akenotigers · 2021年9月20日 23:29

    南松原町の虎ファンさん

    戦いの場へ出陣する4年生諸君へ愛に満ち溢れた激励コメントありがとうございました。
    本日の実戦練習試合編・・・繰り返しになりますが本当に有意義な時間であり、改めて富田少年野球の皆さまに尽きない感謝を申し上げたいと思うばかりです。虎ファンさんご指摘の「NoGood」な部分・・・そこさえも本番前に浮き彫りとなったことも本日、この1戦を行ってもらえた価値といえるでしょう。本編では触れられませんでしたが、4回表の追加点の場面、四球出塁で3塁へ到達したN/K大。1アウト3塁でバッターD樹。攻める第二リードやパスボールでのGo/Backのタイミングの取り方、すごく「できる」ようになっていたと感じました。そしてD樹が放ったサード・ショートとレフトの中間点に上がった微妙なフライ。結果、ボールはフィールドへ着弾し、ヒットとなったのですが、アウトカウントを把握し三塁ベースへリターンできる地点で打球の行方をうかがっていたN/K大のランナーワークにもくぐりぬけてきた練習の成果を垣間見ることができました。恐らく数ヶ月前ならば・・・状況さえも把握できずに戸惑いの表情をみせていただであろうこのシーン。全員でレベルアップしている現在地のある意味象徴的なシーンだったかもしれませんね。まだまだもっともっと、チーム組織力を磨いて確固たる戦闘集団を目指して欲しいぜ!そしてI/K大!!ベンチからのそしてセカンドの守備位置からのキミの声出しは素晴らしい!!「番長」レベルに達しつつあるぞ。この域に達するのならば・・・さらなる有効的ボイスワークを身につけて欲しい。高学年チームのS佑・R斗・A憲・・・大いに参考になるアニキ達だぜ!!
    <事務局長>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。