本日10月30日。暦とともに季節は冬へと移ろい行くのを肌で感じるMid Autumn Day。明野タイガースは元気に1日練習完走。低学年チームは秋季シーズンの大目標ともいえるトーナメント決戦2大会。それぞれ次週にプロットされ、高まる気合いがメラメラ沸き立つ練習風景。そして未来を創造する軍団、我らがD軍団もお馴染みの練習生達を交え、バッティングに守備に奮闘。極めつけは高学年チーム。本日は3週連続となる公式戦in京都、大山崎本部長旗杯1回戦に挑みました。「まだまだ」なのか「いよいよ」なのか高学年チームの現在地。馴染み深いリーグ戦であるスポ少秋季リーグの開催が不透明であり、残すところの公式戦数が正確なところ把握できない状況ではあるのですが、もしも「今シーズンは開催はありまへん!」となると折る指の数はいよいよ片手にさえ余ってくる「まあまあ、ヤバイがな!」てな状況。まあ、選手諸君にはこういった余計なことを考えずに目の前の戦いに全力集中して欲しいと願う中、目下の課題を最大限、特訓して乗り込んだ1戦。結果は「ますます、ヤバなってきたがな!」となる悔しい惜敗。交流戦を含め長らく続いたゼロ行進にはサヨナラしたものの、まだまだ秋雨前線抜けきらないチーム状況。例によって本日も、D軍団との濃密な未来創造プロジェクトに邁進していたワタクシ・・・この試合、LIVE観戦してまへんねん。しかも虎吉アニキまで不在のこの試合。全て無かったことにして秘密もベールに包んで葬り去ろう・・・致しません!!聞き込み調査とスコアブック熟読で、久々に「実は隠れてみてたんです」レポートとなりますが、以下、トピックスで大いに吠えさせえていただきましょう。総じて結論!!秋季シーズン公式戦前半戦、白星掴めず、その「炎」が消えつつあるだってえ~!!現実は受け止めるけど、まだまだ1mmも諦めちゃいねえぜ!戦意喪失なんて冗談じゃねえ!!反攻の11月。父ちゃん!母ちゃん!まあ、見てろって!!

ではその試合トピックス。明野タイガースにとっても初対戦かな!?お相手頂くのは宇治市の強豪チーム「御蔵山スポーツ少年団」」さん。抜群の制球力を持つエースを筆頭に鍛えられた堅守のチーム。直近の明野タイガース試合実績を鑑みても、ボコスカと花火を上げて・・・などと口が裂けても言えない状況。こちらも鍛え上げてきた「守」でリズムを作りつつ、ロースコア接戦で最終的に白星掴み取りたい1戦でしたが、結果「2-4」で黒星(T_T)。序盤から中盤とジワジワ引き離されながらも諦めることなく食らいつき、終盤、盛り返しながらもあっと1歩届かなかった悔しい1戦。あまり大きな声で吠えたくないのですがスコアボードに「0」以外の数字が記されたちょっぴり「前進」の1戦ではあったものの、打線全体を覆う秋雨前線はまだまだ上空に大威張りで居座っている状況であることは否定できないことを痛感させられた試合であったと回顧します。まあ、んな暗い話ばっかじゃなかろうてなことで「守」をメインに躍動したプレイヤーを紹介させていただくと、本日先発投手のH大&リリーフS也の5年生コンビ。立ち上がりこそやや苦しんだけど、いきなりメイキングしてしまった大ピンチを「1-2-3」で封じ込めるゲッツーGETでリズムを取り戻し、安定感溢れる気迫のマウンドだったH大。先週悔しい思いをしたS也も本日は快方へと再び歩みだしたと思われるナイスピッチング。痛打される場面もありましたが、コントロール良く打たせて取る粘りの投球。本日はセカンドから後輩ピッチャーへの応援団長役だったR斗を加え、2021年秋モデル「3本の矢」。なんのなんの悲観しうる内容などねえぞ!!S佑大センセイ率いる内野陣とキャッチングの魔術師H人が率いる外野軍団が大声でこれからも盛り立ててくれるさ!大きく崩れることなく実力をだしているこの「守」。引き続きの公式戦後半戦、さらなる練習を積み重ねて磨きかけていこう。そして触れざるを得ないのが今週もストップモーション停滞中の「打」。う~ん・・・なかなか重症やね。練習シーンを拝見する限り、そないにアカンかな!?・・・率直な感想なのですが、なかなかお目覚めに苦労している現状。追撃の4回ウラ得点シーンも四球に相手守備陣のエラーが絡んだ内容。充実の状況であればこれを起点にイッキに同点⇒逆転劇へと畳みかけたい場面でしたが、潰えてしまうチャンスタイム。四球の「質」も相手投手の制球難だけのラッキーな内容でなく、粘った挙句の掴み取ったグッジョブな四球もあり、得点シーンへと盛り上がってゆく下地は形成されるのですが、最後の「決定打」に欠けてしまう日本サッカー界の長年の課題がオーバーラップしてしまう1戦でした。考え込む余地もなく、ローズ18さんが胸を貸してくれる交流戦が数時間後にやってきます。全員でこの局面を打破して、V字回復とまでは言わないけど緩やかでもいい、打線の上昇カーブ軌道を見せて欲しい・・・毎試合、毎試合熱い応援をしてくれる父ちゃん、母ちゃんの切なる願いです。

さあ、本日10月31日。いよいよ10月もラスト・デイ。選挙影響を受けてまたもや1日限定グランド難民となってしまった明野タイガースのもとに茨木市の球友が救いの手を差し伸べてくれました。悩めるA軍団も弾みをつけたいC軍団もそしてとにかく明るいD軍団も・・・

いざ、行くぜLa Vie en Roseの街へ!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。