いよいよカレンダーは12月に突入。寒~い冬は一段と本格化を深めつつある中ですが、明野タイガースの燃える秋季シーズンはまだまだ終わりません。高学年チームそして低学年チームともに1日練習プログラムとなった本日、極寒を切り裂く熱い戦いの中に身を置いたStarting December。残る公式戦は2大会。その2つの戦いが本日そして明日にプロットされた高学年チーム。初日となる本日は古曽部スタジアムにて玉櫛スラッガーさんとの高槻杯2回戦。そしていよいよ次週に大目標となる大会を控えた低学年チーム。まだまだ続くぜ、11月より続く各地の強敵への武者修行シリーズ。本日は鳥飼河川敷球場へ乗り込んで吹田市の強豪チーム吹田ニューヤングさんとの交流戦。「組織」として、そして「個人」としても2021年度明野タイガースの集大成へと針路を向けつつある現在地。昨年に引き続き猛威を奮い、少年野球の世界にも大きな影響を及ぼしたコロナ事情に翻弄されながらも、いよいよ、来るべきところまで来てしもたなあ~てな一抹の寂しささえも去来してしまうこの「12月」という響き。さあ、まだまだ終わらせる訳にはいかんぜオレ達!!季節とは逆行する熱い12月!!シグナルが青に変わったぜ!!

では古曽部スタジアムで行われた高学年チームの公式戦トピックス。皆さまにより一層愛される「盛りすぎるブロガー」への道を歩み続けるワタクシにとって、本日は両会場を繋ぐオンラインVTRシステムをガチで欲しいと思った1日。ワタクシが参戦表明すれば高学年チームのスコア天気予報はハイアベレージで大雨となる認めたくない事実も先日、ついに吹き飛ばし、誰に遠慮することもなく堂々と!!と思っていたのですが、残念ながらLIVE観戦することができなかった本日の1戦。まあ、次戦となる3回戦には必ず!という願いも届かず「0-4」で無念の黒星(T_T)これによって高学年チームはラストとなる明日のトーナメント大会に背水の陣で臨むこととなりました。「わかっとるわい!」とばかりにオレらにとっては言わずもがな重要な戦いなんだ・・・2021年高学年チームを先頭で引っ張ってきたS佑・R斗・H都・H斗・R太の6年生軍団。「守」に「打」に重要ポジションへ配置されて、いつものようにハーモニーを奏で合う5年生軍団と序盤戦は互いに緊迫のゼロ行進の守り合い。我、先にと、均衡を破るその瞬間へ重い扉を全員で押し続けましたが、相手の堅守にその牙城を崩すことはできず、着実に加点してゆく相手チームの背中は遠いまま迎えてしまったゲームセットのシーン。いよいよクライマックス!!CMの後、F越E一郎とK平なぎさが待つ2時間サスペンスでおなじみの断崖絶壁シーンへと舞台は切り替わることとなりました。しかしながら、ラストの大会へ「ダメだこりゃ」ムード一色であるなどとは首脳陣軍団誰一人としてワタクシに本日の談を伝えてはおりません。次戦、負けたら終了!!重い事実がのしかかる重要な1戦となるホーム決戦!!実はもうあと数時間後なんやね・・・

そしてワタクシもどっぷりと帯同させていただいた低学年チームの交流戦トピックス。「河川敷」・・・冬の季語と申し上げても過言でない少年野球in Winterにおいてはヤバイ世界。しか~し!!試合とあればいかなる極寒の地へも馳せ参じます!てな低学年チーム。C軍団そしてD軍団ともにこの冬の聖地での交流戦を満喫させていただいた1日となりました。飛ぶ鳥を落とす勢いで上昇カーブを描いていたチーム戦績に先週、STOPがかかり、もう一度、次週の決戦へと上げ潮ムードを構築したいC軍団。しかしながら明野タイガースの前に本日、大きく立ち塞がったこの強敵。「アカンアカン、キミ達こんなもんじゃあ、話にならんよ!!しっかりと練習してもう一度出直して来な!」と厳しすぎるエールを頂いたとあえて表現させていただきたいほどの惨敗(T_T)低学年チームにして「This is試合巧者」と称したいほど攻守にスキのないハイスペックな実力を備えた相手チーム。序盤からこれはミスしたら命取りやなあ~こういうチームはドンドン畳みかけて来よんで!!・・・この悪い予感が「もう勘弁してくれ」というぐらい的中してしまう失点シーン。本日限りの「アカン大セールス」なのか?実はまだまだ安定した守備力など夢の話だったんだ!なのか?中盤戦、1点差まで詰め寄り反撃ムードとなった後も最後まで修正が効かなかったズタボロ守備陣。う~~ん・・・まあ、これも練習試合。毎回毎回、快晴の日ばかりだなんてあり得ません。名うての強豪に胸を借りてコテンパンにやられて再び立ち上がる・・・この繰り返しでチーム力は形成されると思います。ただ、いつも申し上げることですが真摯な回顧は必要。本日の試合・・・とにかく「消極的」だったぞ選手諸君。スコア「E」に記録されない「オラオラ!」てな残念なシーン多数でした。グレートリセットして、次戦へ再度、気合を入れようぜ!!

そして先日入団の2年生K太を仲間に加えたD軍団も第二試合として吹田ニューヤングさんとの1戦に挑みました。試合前~試合中~試合後・・・第1声として申し上げたいのがとにかく「強い」相手でした。速球派を揃える投手陣に2塁へ、楽々ノーバンスローの強肩キャッチャーに強固な内外野。「打」も鋭いスイングで振り抜いてくるこれぞ「野球小僧」のハイパー軍団。A⇔Gバッテリーを中心に真っ向勝負で挑みましたが現時点での実力差をまざまざと見せつけられた大敗(T_T)。しかし、この試合で球審を務めさせていただいたワタクシの率直な感想は失礼ながら「もっとエグイ大敗」するやろうな・・・だったのですがこの成長著しいD軍団。最後まで諦めずに戦い抜きました。名コンビへの道をともに歩くAそしてお助けマンリリーフS太といった左右のツートップの相棒として本日も扇の要役をゲームセットまで担った2年生キャッチャーG!!ごっつい体張ってたぜ今日は。全投球の中で何割を占めただろうかワンバウンドボール・・・さらなる大量失点を防いだ場面が多数あったと思います。ホームランを打つ!!快刀乱麻のピッチングをする!!華麗な守備でアウトGETする!!などのプレイと比べれば、何とも地味で「止めて当たり前やん!」的な印象の強いこの体を張ったキャッチング。着実に進化しているぜG!!それこそ、「あんま褒められなくなったなあ~」てな「当たり前」のプレイになるようにまだまだ磨き続けようぜ!!そして本日のハイライトは大量リードを奪われて迎えた最終回の明野タイガースの攻撃。なんとか一矢報いるため、この強敵から「1点」だけでも捥ぎ取りたいラストファイト。キャプテンAの意地が炸裂しました。相手ショートの焦りをさそう1塁への激走で生還へのチケットを手に入れたノーアウトでのランナー出塁。研ぎ澄ます集中力で2塁→3塁へと進塁し、視界に捉えたホームベース。場面は2アウトと追い込まれ、後がない中も集中力を切らさずに第二リードでホームへのチャンスを窺い続けるA。その瞬間が来ました・・・一瞬のバッテリーミスを逃さずに迷うことなく突っ込んできてもぎ取ったホームイン。戦士としてキャプテンとして大きく成長したAの一面が垣間見られた「1点」への執着心が詰まった生還劇でした。Aキャプテン!そしてD軍団選手諸君!!本日は強敵相手にやられまくった1日だったけど・・・この相手が見せてくれたパフォーマンス・・・おおいにお手本にして欲しいと思います。メンバーをもっともっと増強してこういったチームを互角に渡り合ってゆく力をどんどんつけていこうぜ!!

吹田ニューヤングの選手の皆さま、指導者・スタッフの皆さま、本日は寒い1日でしたが交流戦2試合のお相手をいただき誠にありがとうございました。本当に組織的に鍛えられているなあと最後まで印象つけられた明野タイガースにとって大変勉強になる1日でした。もっともっと練習して力をつけておきます!ですので是非再戦をお願いします!と改めて叫ばせてください。本日を機に定期的な交流を宜しくお願い申し上げます。

さあ、A軍団、待ったなしのゴングが間もなく響くぜ大冠小学校!!野球の神様のいたずらマッチメイクなのか対戦相手は吹田ニューヤングさんというこの不思議なご縁をいただいた12月の第1週。オトウトの仇をアニキが・・・ワタクシ好みのストーリーだぜ!!

さあ、明野タイガース大応援団の皆さま、本日、大冠小学校12万5000人まで収容可能です。当日チケット、残り僅か!!迷わず、大冠小学校へ行こう!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。