本日1月9日。2022年トラ年NEWYEAR!!いきなり訪れた勝負の1日。明野タイガース低学年チームによるくずはロータリークラブ杯準々決勝戦。言わずもがなシーズン開幕時より大目標として掲げた大会。猛練習を重ねて迎えた実りの秋戦線・・・高槻市の垣根を越えて幾多の強豪チームに胸を借り「武者修行」と称して苦しい激闘の日々を積み重ねて来ました。選手諸君はもちろん指導者そして大応援の皆さまにとってそびえ立つ「頂」を夢にガチで頑張ってきた日々・・・結果はもうご承知の通りです。War is over・・・攻守に実力に違いを見せつけられたフィナーレでしたが、まずは戦い終えて私からの第一声の感想です。選手諸君!!本日までのキミ達のこの1年間の道のり・・・本当に充実した楽しい日々であったと思います。キミ達に最大限の敬意を表してよく頑張りました!!そしてありがとう!!と率直に申し上げさせていただきます。そして第二声・・・決してこの道のりを色褪せさせるべからず!!この低学年チームで刻んだ足跡・・・壮大なキャンパスに全員が異なる鮮やかな色で「第1章」を描き切ったにすぎないのです。これから続く「第二章」そして「第三章」をこの1年間以上の鮮やかな色彩で塗りたくって欲しい・・・そう、本日は「終わり」じゃないんだぜ!!「始まり」なんだと!!メンバー全員が心に刻んで欲しい・・・全50チーム以上が参加する低学年クラスのトーナメント大会。「ベスト8」に名を連ねるまで戦い抜きました。立派な成績であったと胸を張って欲しいと思います。その事実にも恥じないよう、さらなる飛躍を新たなステージに向かって誓って欲しい。私の現時点での偽らざる本心であると断言させていただきます。お堅い言葉はこれくらいにさせていただきましょうか!!まあ、要するに4年生諸君!!D樹!K眞!M!I真!A叶!S太!I/K大!N/K大!S汰郎!Y月!T希!S介!オマエらサイコーだぜ!!もっともっと果てしない夢を私達大人組にこれからも見せてくれよ!!

では本日の試合トピックスを2021年度明野タイガースCチームへの想いも交えながら吠えさせていただきます。お相手いただけました門真ヤンチャーズさん・・・まあ、ひと言に凝縮させていただきましたら「ホンマモン」でした。明野タイガースが目指すべき理想の姿であったと申し上げても過言ではなかったと断言させていただきます。バッテリーを中心としたスキのない守備陣。力強いスイングの各打者と低学年生ながら「野球」を熟知した試合巧者ぶり、恐らくここに至るまで数多くの修羅場もくぐりぬけてきたのでしょう。まさしく「脱帽」の完敗でした。初めて経験する大きな舞台に立派なスタジアム・・・ひょうひょうとした表情の中にも明野タイガース選手諸君、少なからず重圧を感じていたことだと思います。「守」をメインにあきらかに「普段着」の野球からは程遠いミスで幕を開けたこの試合。こういった試合巧者相手にスキを見せてしまった時点でTHE ENDだったのでは・・・ネガティブに捉えられるかもしれませんが1回表ウラの攻防で全て決してしまったのではなかったかなあと回顧します。そんな中、相手を上回るヒット数が物語るように課題の「打」で光ったシーンが多数ありました。I真・A叶のクリーンヒットに唯一の得点シーンとなった3回表。1番打者K眞のヒットを起点に2番打者S介のレフトオーバーのツーランホームラン。意地を見せたとともにキミ達の第二章を架ける「虹」のような一撃だったと思います。でも、こういったホンマモンと互角に渡り合っていくにはまだまだ二段階も三段階もレベルアップしなければなりません。攻守に渡って全てです。それにはたゆまぬ努力を継続する以外に道はありません。顕著な例として取り上げさせて欲しいのですが「素振り」・・・おそらく全員が平日も時間を割いて取り組んでくれていると思います。本投稿でも何度も触れさせていただきましたが、最大限の効果を得られる「素振り」ができているかい?選手諸君!!N西コーチが口酸っぱくキミ達に繰り返し課す「バントの態勢」からバスターへ切り替えてスイングさせるこの意味・・・なぜ、こういったスイングをキミ達に課しているかをきっちりと自分自身、腑に落として取り組んでいるかい?もっと言うならばなぜ、こんな態勢からの素振りをするのかお父さん・お母さんにきっちりと説明できるかい?これがわかってないと、厳しい言い方ですがキミ達の努力・・・半分以上は徒労に終わっています。もし理解できていないのであれば、しっかりと指導者に聞いて再確認して理解して欲しい。必ず、全ての指導者が真摯にキミ達に改めて説明します。この「意識」こそキミ達に今一番持って欲しいモノなのです。ここでワタクシからあえてその「答え」は申し上げません。野球が上手くなりたいのであれば、自分自身で掴み取るモンなんやで!!4年生選手諸君、大丈夫や!キミ達なら必ず突破してきてくれると信じています。

そして本日試合帯同した3年生のA&K亮!!「夢」のバトンはしっかりと受け取ったかい!?明野タイガース新生Cチーム・・・もうお遊び半分の「ZOOAKENO」ではありません。3月からはここはキミ達の舞台なのです。2022年度明野タイガースCチームとしてキラ星の如く待ち構える強豪チームと互角に渡り合っていかなければならないのです。その首領格やでキミ達!!リーダーとしてチームの牽引する大活躍を期待しているぞ。

そして本日の試合、最後の一瞬までバチバチのガチで戦い抜いていただけました門真ヤンチャーズの選手の皆さまそして指導者の皆さまに心からの感謝を申し上げます。ありがとうございました。数限りない学びをいただけたと1戦だったと重ねて感謝申し上げます。これから迎える頂上決戦!!明野タイガース一同、陰ながら応援させていただきます。ぜひ、チーム一丸となって栄光の瞬間を掴み取ることを祈念させていただきます。そして、また、ぜひ対戦頂けるその日を楽しみにしています。

最後になりましたが、大きな区切りとなった本日。「大応援団」=「保護者の皆さま」に心より感謝を申し上げさせていただきます。目を閉じれば約1年前、入団ホヤホヤの選手多数で産声を上げたこのCチーム。正直ここまで選手諸君が飛躍し、こんな大健闘を語れるチームに成長するなど夢にも思いませんでした。何はさておき、選手諸君が歯を食いしばって誰一人脱落することなく走り続けた日々の賜物であることは間違いないのですが、皆さまの献身的サポートがあってこその「本日」であったと断言させて下さい。舞台は高学年チームへと移りますが、引き続きのサポートを宜しくお願い申し上げます。

てなわけで、総括して本日の見出し「YELL」!!最後は大きなエールで締めさせていただきましょう!!

フレー!!フレー!!ヤンチャーズ!!頑張れ頑張れヤンチャーズ!!

そして

フレー!!フレー!!タイガース!!頑張れ頑張れタイガース!!

さあ、明日からも走っていくぜ!!


4件のコメント

明野町の虎吉 · 2022年1月10日 06:26

CチームにA、K亮!
それぞれ新たなステージへ進むことになりますが
この2022年1月9日…
絶対に忘れないでほしい!
気持ち新たに練習に励み、野球をしましょう!
そして、四年生のみんな!
私たちに興奮と感動をありがとう!

今日からよろしく!

    akenotigers · 2022年1月10日 21:18

    虎吉さん

    4年生そして3年生の2人への熱い激励エールをありがとうございました。
    本編での繰り返しになりますが「終わり」ではなく「始まり」だぜ4年生諸君!!
    グレートリセットして新たな戦場へと針路を向けよう!!
    <事務局長>

保護者その6 · 2022年1月10日 00:34

『どんな挑戦も受ける
闘う魂なのだ
もう一度僕を震わせておくれ

どんな言葉なんかより
黄金の滝のように
流れる汗を信じているから

肉体を武器にして
ただ一人立ち向かう
闘う男達よ
冷たい風に吹きつけられても

燃えあがる情熱なら
何にも変えられやしない
闘う男 どこまでいくのか

最終のゴングまで
あきらめやしないのだ
闘う男達よ
虚勢は張るが去勢はされない』

明野タイガース4年生!
舞台は変わりますが再スタートです!
ここまでこれた自信と
ここで敗れた悔しさ…
その一切合切を胸に秘め
未来へと進んでください!

    akenotigers · 2022年1月10日 21:29

    保護者その6さん

    熱い想いを詩に込めてのコメント、誠にありがとうございました。
    アントニオ猪木の名文句なのかなあ~と思い、調べたところ、ブルーハーツの歌なのですね!!
    いつの日かカラオケで披露いただけたら・・・その日を楽しみにしています。

    おっしゃる通り間違いなく悔しい1戦でした。しかし、この想いを忘れることなく
    次のステージで選手達は私達をワクワクさせてくれる夢を見せてくれることでしょう。
    <事務局長>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。