本日3月12日。いやあ~季節は春へとその歩みを早めておりますねえ~!!推定気温20度前後の絶好の野球日和🥎。明野タイガースは1日練習プログラム。予告通り、本年度よりお世話になる高槻スポ少さんが提供してくれた「ちょっとナイスなグランド~庄所運動広場~」1日ジャックDAY。記念すべき第1回目は高学年チームの交流戦ステージへ変貌。せっかくなんでひと工夫して・・・茨木市よりローズ18さん・枚方市より枚方くずはウイングスさんをお招きして、変則ダブルヘッダーの巻。いきなり、スポ少加盟のメリットを最大限生かし切ったWonderfulな1日となりました。早ければ今月27日にも開幕を迎える「高槻市長杯」そしてスポ少主催にて今年度より新たに参加する「三島大会」などワクワクするトーナメント公式戦へ乗り込む日をもうはっきりと視界に捉えている現在地。猛特訓の冬を乗り越えて、スタメンやシート・打順や適材適所の傭兵など、そろそろ首脳陣も本格的に頭悩ます時期に差し掛かってきていると申し上げても良いでしょう。HEY!BIGBOSS NAKANISHI!!オレを見てください!!とばかりに本日の2試合。さながらアピール合戦とも取れるナイスパフォーマンスの連発!!なかなかここ数年あり得なかった総勢19名の大所帯で挑むAチーム。どこまで選手諸君が感じているかはわかりませんが、少なくとも潜在意識の中には「絶対にこのAチームのレギュラーメンバーとしてやってやるんだ!」てな気合と「オレ、試合に出してもらえるやろか?」てな不安とが入り混じった選手も多数いることだと察します。この19名で挑む今シーズンのAチーム・・・少々、カッチョええ言い方をさせてもらうと、ワタクシ、明野タイガースにお世話になって10年目、ついに迎えた「理想のチーム」と申し上げても過言ではありません。まず、申し上げておくと、これは対戦相手と比較して「強い弱い」のモノサシを語る理想ではありません。野球選手である以上、この「チーム内競争」は今後、選手諸君が野球を続けてゆくのであれば、決して、避けて通ることはできません。「レギュラーポジション」はチーム内の好敵手と競争して勝ち取るものなのです。これは古今そして今後も不変であると断言致します。少年野球の世界において、はたまた明野タイガースにおいても6年生だからといって優遇される要素など一切ありません。結果、ライバルと健全な競争にて勝ち得たポジションで試合出場できる・・・フィールドに走り出す瞬間・・・こんな充実感はないぜ選手諸君!!これを心に刻んで、6年生諸君!肉食獣の如く飢えた5年生達を蹴落とすんや!!5年生諸君!遠慮など一切いりません。6年生に食ってかかる気持ちでグランドを駆け回るんや!!・・・こう考えると気持ちばかりが焦りそうですが、しっかりと地に足つけて・・・そう、1歩づつ・・・One Step Closerで行こうぜ!!

ではこの交流戦2試合のトピックス。本番へ向けて順調に組織力が仕上がっていると同時に6年生そして5年生ともに猛烈アピールしまくりの年間でもそない何回も訪れることのない盤石の1日ではなかったかと回顧します。特に2試合通じての6年生のアピールは凄まじいモノがありました。では早速、紹介しましょう。ここ数週間、本投稿、常連となっているH大・S大・A憲は本日も「攻」に「守」に大暴れ。長打かっとばしまくるわ、オイシイ場面を全部持ってゆくわ・バッテリーワークにおいても申し分の無い仕上がりやわでまあ、中心選手たるもの「こうあるべき」を体現してくれたナイスパフォーマンスでした。キミ達のことを本日も「ええがな!」「ええがな!」と掘り下げまくりたいのですが、今日はこの辺でごカンベンいただき、本日、キラリと光るナイスパフォーマンスで主役級トピックスを持って行ったこの面々・・・まずはサードK佑。「打」では第一試合、電光石火攻撃の1回表、上位軍団賑わう塁上で巡ってきたチャンスタイムな第1打席。この「オイシさ」を覚えちゃったかな!?振り抜いた一打はライトへの先制点を叩き出す2点タイムリー。さらに「守」では再三のサードゴロを難なくアウトGETしてゆく安定感に満ちたお仕事ぶり。チームナンバーワンの走力に加え、打で守でレベルアップを確実に遂げているぜK佑!!一切の「圧」を与えるつもりはサラサラありません。初老のおっさんの戯言と思って流し読みしてください。ワタクシ、キミがこのチーム最大の「キーマン」だと思っています。キミの持つポテンシャルが迷うことなく完全開放される時・・・このチームは組織として、1つ階段を上っていることでしょう。最大級のエールと捉えてくれや!K佑!!そしてもう一人のキープレイヤーS也!!本日は第一試合先発投手として自己ベスト級のナイスピッチング。「打」でもセンターへヒットを放つなど投打にガッツリ光っとったね!!K佑同様にキミにも少々「圧」を・・・現状を見渡した明野タイガースのピッチャー候補を指折り数えてみて欲しい・・・ピッチャーS也で始まる明野タイガース守備陣形!!なかなか強固なモノだと思わねえかい!?先発にリリーフにいつ呼ばれてもマウンドで仁王立ちしてくれるタフネスな精神力が必要だけど、メンバー和ませキャラ筆頭格のS也!!キミなら託せそうな気がするぜ!!まだまだ開幕前の練習試合シリーズは続きます。ここで意気に感じてやって欲しいぞ!!そして本日、ワタクシ・・・大遅刻でこの庄所グランド到着。第1試合をほとんどLIVE観戦できなかったのですが、後々に伝え聞いたパフォーマンス集で最も「生」で味わえなかったのを悔やんだのがこのプレイ。そう、Y志のスクイズバント!!なかなか気軽に文字化するほど、簡単な芸当ではないと思います。サイン発令後はバッターボックスで心拍数も上がったことでしょう。ド派手なホームランや長打に憧れを抱くかもしれませんが、このお仕事のミッションコンプリート!素晴らしいパフォーマンスであると拍手を贈らせて下さい。キミがこういった技に磨きをかけることができるのならば・・・ますますチームの奥行が深まります。練習の場面でドンドン、アピールしていこうぜ!!ラストはライトの守備がもはや安定エリアと化したと申し上げても過言でないS!!第1試合ではライト前ヒットも放ち、これまたアフター5の欠かせない存在としてアピール全開!!こういった練習試合で得た自分自身の「良かった点」を確固たる自信へと変換していくんだぜS!!外野の定位置を5年生なんぞに渡すかい!この意気でドンドン、アピールして欲しいぞ!!などなど、6年生のハイパフォーマンスがどうしてもワタクシの目に留まってしまった本日。5年生への「ええがな!」はまた来週!!てな訳にはいかないのがこの2人。5年生軍団を代表して吠えさせていただきましょう。いよいよガチな「最終カード」として武器化されたと申し上げても良いでしょうピッチャーS太。まあ、攻守に渡って「個性派」の大活躍ですわ!!「剛」のH大⇒リリーフS太。「柔」をさらにミクロ化したこの存在。なかなか「こってり/あっさり」合わせ技のラーメン屋のような継投ですわ。先週の投稿でも表現させてもらった必殺投球術「優しい悪魔」が本日も抜群のコントロールで炸裂!!3イニングを投げ切るナイスリリーフ。そして「打」ではこれまた絶妙なバントヒットGET!!もう余計な表現は無し・・・ウマイっっっ!!!!これに尽きるハイパーな1品でした。S太クン・・・さぞかしオヤジが饒舌にしゃべり倒してるM木家の食卓なんだろうね・・・そしてラストは涼しいイケメンフェイスの裏側には相当、炎が燃えたぎっているのでしょう!S介!!2試合とも途中出場ながら、ヒットをかっ飛ばしてしまう猛アピール!!特に第2試合のショート強襲ヒットはワタクシ個人的に昨年の低学年チーム時代からも含め、ベストパフォーマンスな一撃だったと思います。ホームランを含む数多くの長打をかっ飛ばしてきたS介にとっては、なんで~ただのシングルやん!?と思うかもしれませんが、フォーム・タイミング・スイング・体のバランスなど総合的に見てカンペキに近い一打だったと思います。あの打ち方が安定してできるなら・・・夢は膨らむばかりやね!!

ローズ18の選手の皆さま、指導者・スタッフの皆さま、そして枚方くずはヤンキースの選手の皆さま、指導者・スタッフの皆さま、本日は高槻までお越しいただき、変則ダブルヘッダーの交流戦、誠にありがとうございました。5年生主体ながら末恐ろしいポテンシャルで6年生相手に一切ヒケを取らない鍛え抜かれたパフォーマンスのローズさん。ハイポテンシャルなメンバーを多数擁し、走塁やピッチャーワークなどに至るまで徹底的に鍛えられているヤンキースさん。大変、勉強させていただいた明野タイガースにとって有意義な1日となりました。毎年、こうして交流戦をいただき心より感謝しております。引き続き、深いお付き合いを宜しくお願い申し上げます。

我こそは!アピール渦巻く収穫の多い1日だった高学年チーム。そして体験練習デーに突入中の低学年チーム。充実の春の入口、ワクワクな毎週ですね。冒頭でも吠えさせていただきましたが、浮足立たず、焦らず、1歩づつ行こう!!

たったひとつの夢を掴むまで!!


2件のコメント

明野町の虎吉 · 2022年3月13日 00:19

「我こそは!!」とアピール合戦が行われている庄所メイングランド…そのライトファールゾーン…
そこには第一試合でメンバーから外れた5名が一生懸命練習を頑張る姿がありました。
これから野球を続けるにあたり、レギュラー争いはもちろんですが、細かく言えば人数が多いチームではベンチ入りを競う日々もやってきます。時代は変われどコレも不変です。
数名、本気で悔しさを出す選手もおり、その「ベンチに入れなかった悔しさ」を胸にバットを振り続けたメンバー…少々笑いも交えながらヒィヒィハァハァの一時間半…
彼らにS地・W林コーチ、そして私から伝えております…「来年に向けてじゃない。今からレギュラーを獲りにいきなさい」と。
ブレーキをかけるにはまだ早すぎる!
歩みをとめるなよ(^_-)

そして、ベンチに入れたけれどベンチスタートの選手は練習組の選手の分まで声を出し、いつでも試合に入れる準備をしてください。
スタメンに名を連ねた選手はベンチやスタンドで応援してくれている選手の思い、気持ちを背負ってプレーしてください。
全員が一生懸命…
チームが強くなる最低条件ですよ(^-^)

さぁ!この3月!
6年生も5年生も開幕戦に向けて練習!練習!練習やo(`・д・´)o

    akenotigers · 2022年3月13日 08:55

    虎吉さん

    本編をパーフェクトに補完していただく温かいコメントをありがとうございました。まさしくおっしゃる通りでございます。本編にて「理想のチーム」と表現しましたが、チーム内で競争意識が働き、選手諸君が能動的に野球に取り組む⇒そこでライバルに勝った者がレギュラーポジションを掴む⇒ベンチでのリザーブメンバーやベンチ入りが果たせなかった選手は悔しさを糧にさらに頑張る⇒レギュラーポジションで試合に出場する選手はこういったサポートメンバーの想いも胸に一瞬一瞬を無駄にすることなく試合でベストパフォーマンスを発揮する。2022年度Aチーム・・・まさに人数的にも選手個々のスキル的にもこの循環を正しく機能させることができるチーム・・・すなわち「理想のチーム」と申し上げてもいいと思います。現時点で悔しい思いをする選手諸君!必ずチャンスは巡ってきます。但し、チャンスは少ないかもしれません。それは顕在化されない場面なのかもしれません。繰り返しになりますが1歩づつ行こう!ワタクシが最近、痛烈に感じる事例として、彼を取り上げさせてください。過剰に賞賛しすぎるかもしれませんが5年生S太・・・まさに2020年秋、3年生からの入団以来、これを体現して現在に至っていると思います。おそらくメンバーで最も小柄であり、同級生メンバーと比較してもパワー系ポテンシャルに差があるのが否めず、申し訳ないですが1年半後、5年生になった春の入口でAチームにとって欠かせないカードになりうる存在へ変貌しているなど、当時、想像もつきませんでした。でも決して諦めることなく毎日毎日コツコツ1歩ずつ、自主練習を繰り返してきたのだと想像します。原動力は「投手」が好きだから・・・小柄でまだまだ非力でも小技を磨いてレギュラー掴むぜ!!・・・こういったS太のアツイ想いだったのだと想像します。自分で掲げた「夢」であり、「目標」であるからこそ、。継続することができた、そしてこれからもまだまだ継続することができる・・・。低学年チームのメンバーにおいても、ぜひ参考にして欲しいセンパイの一人じゃないかな?さらなる理想はこんなメンバーで溢れかえる明野タイガース・・・未来は明るいぜ!!
    <事務局長>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。