ゴールデンウィーク前半の3連休最終日となった本日5月1日。「雨のち晴れ」の天気予報は寸分狂わない優秀さ。午後からは試合も練習もあるで~!!これが吉と出るのか凶と出るのか・・・目覚めた時点では知る由もありませんでした。「本日、午後から練習とします」。プログラム変更の報を受け、乗り込んだ本拠地松原小学校でしたが・・・想像をはるかに超える「BAD✖100乗」の悲惨なグランド。「よっしゃあ~やるしかねえべか!」指導者&保護者の大人組男子オールスターズで丹念込めて整備し、「田んぼ」状態は脱出したグランド。さあ、行くぜ!てな気合の面々は本日も2年生J律君・K美ちゃんそして1年生K豊クンの「常連さん」練習生3名を交えて通常練習に汗を流した低学年チーム。そして本日のハイライト・トピックスとなる高学年チームは三島大会準々決勝戦となる沢池レッドナイトさんとの1戦。新チーム発足から約2か月、猛練習を積み、公式戦・交流戦とほぼ毎週土日を試合に費やし、各地の強豪チームから次々と白星を掴み取ってゆく充実の渦の中に身を置く現在地であることは皆さまの周知の事実であると思います。「さあ、今日もいったるで~!!」大応援団の皆さまも期待値1000%で乗り込んだ茨木市の会場だったのですが・・・「そんなに甘いモンじゃねえなあ~!!」試合後の数ある感想を突き詰めて、一言に集約すればこれに尽きると骨身に染みた完敗(T_T)!!我々「スポ少新参者」である明野タイガースが春季大会の大きな目標と掲げてチャレンジしたこの「三島大会」は2回戦でその夢が潰えてしまいました。ショックの大きい痛恨の黒星ではあったのですが、しっかりとこの現実を受け止めて、まだまだ連なる春季大会山脈をくじけることなくアタックし続けて欲しい・・・ワタクシの現在の偽らざる感想です。まあ、語弊のある表現であることをお許しいただきたいのですが、一回こういった強敵にガツン!!といわされて、今の明野タイガースに足りないモノは何なのか!?・こういったステージが進んで挑む大舞台での緊張感・強敵相手に学んだことをどうやって今後に生かしてゆくのか!・・・これらをもう一回スタートラインまで引き戻って選手諸君達自身が考え直す絶好の機会になった1日であったと前向きに捉えたいと思います。選手諸君!!本日の悔しさをバネにしてもっともっと飛躍しようぜ!!この春季シーズン・・・いや秋季シーズンも含めて年間通してチームの成績の回顧をする時、本日のこの「負け」があったから・・・てな1日にしたらいいじゃないか!!そう、全ては「必然」なんだから!!

では悔しい黒星となってしまいましたが光るプレイも多数飛び出したこの三島大会準々決勝戦の試合トピックス。ワタクシの記憶では恐らく初対戦ではないでしょうか・・・本日のお相手、茨木市の強豪チーム沢池レッドナイトさん。さすが、次々と強敵を倒してトーナメントを勝ち上がってきたチーム。2人の好投手に強肩キャッチャーとバッテリーを中心とし、明らかに鍛えられた内外野の布陣。そして目を見張った各打者の粘り強いバットスイング・・・もっと具体的に言ってしまいましょう・・・徹底的にバットにボールを当てる・・・例えファールであっても・・・1番打者から9番打者まで組織的にこの「空振りしない」食らいつきの精神力とテクニック・・・明野タイガースも是非、見習って習得したいハイレベルな打者スキル。最終的にはこのレッドナイトさんの粘りに屈してしまった!!と申し上げても過言ではなかったかなあと回顧します。上述のように、相手は明らかに「ツワモノ」集う戦闘集団。ボコスカと花火上げて、大差をつけて~などとお祭りムードで挑める匂いなど全く漂わないこの試合。ロースコアの接戦を何とかしてモノにしたいぜ!!おそらく誰もが描いたゲームマップだったと思います。1回表ウラの攻防。守備の連係ミスなども絡みイヤ~な感じで2点を先制されてしまう展開。しかし、そのウラ、ここまでの進撃の勢いをそのまま発揮してくれるいきなりの猛反撃開始。1番打者A憲&3番打者H大のメイクチャンスで1アウト3塁2塁の大チャンス!!さあ、今日こそは誰にも邪魔されることなく一人で全部食べさせてもらうぜ!!気合・集中力・スイングスピード・・・全部マシマシでお願いします!!てな4番打者S大の特大のレフトオーバースリーランホームランで瞬く間に逆転成功!!暗雲立ち込める雰囲気もモヤモヤな嫌な流れも全て一変させるチームリーダーの一発!!素晴らしいS大の主役独り占めの大仕事でした!!掴んだ「流れ」は離さない・・・序盤・中盤は先発投手H大がリズムを取り戻し、圧巻ピッチングを展開!!「次の1点」がこの試合の勝敗に大きく左右しそうなムードが漂う展開。しかし塁上を賑わしながらも遠い遠い追加点・・・「3-2」と1点リードのまま終盤に差し掛かる4回表・・・ここまで気迫で乗り切ってきたH大が与えた先頭打者DBに守備のミスも絡んで、きつーく抱きしめていた「流れ」が明野タイガースの手のひらからこぼれてしまいそうなイヤな予感が漂い始める展開。虎視眈々と「流れ」を強奪すべく、上述の通り剛球連投でねじ伏せに掛かるH大に粘って粘ってでチャンスを見出す相手打線、1球1球に手に汗握るシーン連発でしたが、同点そして逆転となる右中間スリーベースヒットを浴びてしまったのを起点に相手に奪われてしまったその「流れ」・・・その大きな渦に呑み込まれてしまったビッグイニング5点献上。その後、必死のパッチで追撃の糸口を手繰るべく反撃の攻勢を仕掛けるものの、重たすぎた「4点差」・・・最終的にこのリードをキープされたまま試合巧者である相手に逃げ切られてしまった事実上の完敗。う~ん!!この期に及んでもう「タラレバ」は言うまい!!繰り返しになりますがこの黒星は「必然」!!事実をしっかりと受け止めて次なる戦いに準備をしよう!!わかっているかい選手諸君!!すっげえ大事な事、お勉強できたんだぜ今日・・・そう、キミ達がベンチでシャウトしているそのフレーズそのものや「流れ・流れ・流れ・流れ・流れ持ってこい!!」・・・一度掴んだその「流れ」・・・相手に渡してしまい悔しい思いをすることになったその要因は!?キミの見解をお父さん・お母さんへお話してあげてください。

やはりこの「トーナメント決戦!」・・・勝ち進めば進むほどに強敵とのタフな試合が待ち構えている・・・そういった舞台への「場慣れ」や「経験値」も必要だと痛感した1日でした。しかしながらマインドリセットして次戦、5月4日の高槻市長杯2回戦に全力で挑もうぜ!!

そう、まだまだこれから!!キミ達の長いシーズンはまだまだ1回表も終わっちゃいねえんだぜ!!


2件のコメント

明野町の虎吉 · 2022年5月1日 20:12

幸か不幸か、明日は登校日。
クラスメイトと喋って笑って、リフレッシュしてください。
引きずることのないように…でも内容はきちんと受けとめ、しっかりと振り返り、この悔しさを糧にして…明後日からまたエンジンをかけなおしましょうo(`・д・´)o

    akenotigers · 2022年5月1日 21:04

    虎吉さん

    相当悔しい思いをされている中、いつもながらの優しい勇気のワード溢れるコメントをありがとうございます。
    明日1日・・・学校という名の「ピットイン」でタイヤ交換して、燃料をフルチャージして、美味いモンでも食べて・・・そしてサーキットへ帰還し、再び音速で駆け抜けていって欲しいと思います。何度も言うぜ!!高学年チーム選手諸君!!まだまだこれからや!!!
    <事務局長>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。