本日7月30日。フルスロットルの猛暑全開7月Last Saturday。ハイ~!今日も明野タイガースは元気に1日練習プログラム完走の巻。大冠小学校⇒松原小学校へのリレー中継で1日練習をぶっ飛ばした高学年チーム諸君!!バチバチに頑張ったね。誠に申し訳ないのですが、本日はキミ達の闘魂トピックスをお伝えすることはできないけど、キミ達の弟分、そう明野タイガースC軍団が極上に輝いた1日。そんなメモリアルな本日をこの紙面で一緒に喜んであげて欲しいと思っております。てなわけで本日の今日のひと言・・・ここからは全編、2022年度明野タイガースC軍団最大の歓喜に包まれた1日を余すことなく吠え倒させて下さい。舞台は本日最終戦となった春季スポ少4年生リーグ。記憶のネジを逆回転させること、まだ春季シーズンの入口だった4月23日、高槻市長杯2回戦で涙の逆転サヨナラ負けを喫した登町イーグルスさんが再びラスボスとして明野タイガースの前に立ちはだかったこの1戦。相手イーグルスさんは最終的に高槻市長杯チャンピオンまで上り詰め、さらにレベルアップされ、充実一途の春季シーズン。そんなイーグルスさんとの再戦はリベンジを誓う選手諸君が最も対戦を待ち望んだ1戦であったことは言うまでもありません。試合を終えての第一声・・・大熱戦でした。ネバーギブアップの何たるか!を魅せてくれた試合でした。前回の試合をトレースするかのような劣勢の序盤戦にうろたえることはなくコツコツと1点づつ返して逆転し、最終回にはリードを全員で守るんだ!!といったこれまた前回のデジャブのような試合展開。大接戦で進んでゆく試合に心臓バクバク破裂寸前、ゲームの行方を指し示す天秤は激しく揺れ動き明野サイドに大きく傾き始めた終盤戦。今度こそ、守り切るんだ!!全員で心を一つに最終回の相手猛攻劇を凌ぎ切って1点差で掴み取った白星!!壮絶な雪辱劇のその先には夢に掲げた大きな勲章を手にすることができた明野タイガースメンバー全員にとって忘れられない1日となったことでしょう。壮絶な死闘を制してベンチ前整列、万感の思いを込めて号令をかけるキャプテンA!!本日もフルタイム女房役として体を張り続けたキャッチャーG!!ピッチャーとして間違いなく本日の「守」の立役者だったY月!!ガッツあふれるトップバッターH!!決勝のド迫力なツーランホームランで「打」の主役のオレだぜS汰!!初回、追撃のセンターへのツーベースでチーム全員の闘志に火をつけたK亮!!本日2得点!!バチバチの快速で塁上を駆け回ったJ!!そして外野手として大声を放ち続けたR葵&R&K太!!ベンチからそしてコーチャーズボックスからアニキ達へ声を張り上げたR斗&J律&K豊の次世代の戦士達!!本日は残念ながら参加できなかったK太朗・Mも含めCチーム選手諸君!!ガラスが割れてしまいそうなぐらいの大声で改めて叫ばせてください!!本当によくやった!!おめでとう👏👏🎉🎉!!文句つけようの無い、素晴らしい底力を発揮してくれました。「やりきった感」満載で悔し涙を嬉し涙へ変換し、深々と大応援団の皆さまへ挨拶をする選手諸君のその姿にワタクシも容赦なく込み上がってくる熱いモノを本日は隠し切れず、冷静を装いつつのグランド整備、激闘の残り香に包まれながら見上げた視線の先には晴れ渡る夏の青空。ええおっさんが涙で霞んで何も見えなくなる瞬間が確かにありました。選手諸君も号泣レベルで悔し涙に暮れた3ヶ月前の堤グランド・・・今日の涙は本当に美しかったね。大袈裟かもしれないけど、この瞬間の為に真剣に猛練習に取り組んできたよね。他の誰でもない、キミ達自身が全員で力を合わせて諦めることなく強敵に立ち向かった証です。「野球」の持つ素晴らしい魅力を体全体で味わったことだと思います。正式には春季スポ少リーグ全日程終了を待って、発表されるその戦績。はちきれんばかりのSMILEと堂々とした振る舞いでその勲章を手にする日をしばし待とう!!しかしながら低学年チーム選手諸君、今更、ワタクシがグダグダとここでほざくまでもありませんが、これは「終わり」ではなく「始まり」です。秋季シーズン、さらなる飛躍を目指し、まだまだ走り続けるんや!!そう、オレ達明野タイガース、永遠のチャレンジャーなんだぜ!!

では本日のスポ少4年生リーグ最終戦VS登町イーグルスさんとの試合トピックス。最終スコア結果「7-6」。ここ数カ月、高学年チームの大激闘の数々をLIVE観戦している免疫さえも全て無効となるほどの心臓負担度10,000%の試合だったとまずは回顧させていただきます。まあ、時間が経って、冷静に回顧すれば「オラオラ!」「しっかりせんかい!」も多数散りばめらた試合内容ではあったのですが、それらをすべて掻き消し、今シーズンのベストバウトだったと断言させていただきます。相手イーグルスさん・・・毎度、本投稿でさせていただく表現「説明不要の強豪」・・・その印象は明らかに攻守ともに数段階レベルアップされておりました。鋭いランナーワークで次から次へと進撃の手を止めない走力に加え、2本のカンペキなホームランを浴びてしまった長打力、鉄壁に近い内外野の守備に緩急自在にストライクゾーンを無駄なく通してくる投手陣。これらのパフォーマンスを序盤から惜しみなく発揮してくる相手に1回表の4失点・・・これは正直重いなあ・・・嘘偽りない感想でした。しかしながら、ファイティングスピリットがオーバーフロー寸前の明野タイガース攻撃陣、本日は相手に負けない素晴らしいパフォーマンス連発でした。まずは1回ウラ、ツーアウトから3番打者Gが相手エラーを誘う激走出塁⇒2塁到達を起点に4番打者K亮のセンターへのタイムリーヒットで反撃開始。思い返せばこの「1点」・・・チーム全体に「オラ!!まだまだ諦めんといくぜ!!」の勇気を与えた追撃のノロシでした。そして「1-5」と再び4点差に戻された2回ウラには6番打者S汰のセンター前ヒットと7番打者Jの四球でノーアウト3塁・2塁とチャンス拡大。練習の限りを尽くしてきたバッテリーのスキを逃さないランナーワーク炸裂で2点を返し、「3-5」。よっしゃ、よっしゃ、射程圏内まで入ってきたぜ!!まだまだこれからよ!!本格的に逆転劇へのテンションを高めてゆく中、大きなキーポイントとなった3回表ウラの攻防。「守」は2回表からリリーフマウンドとなったY月。持ち前の制球力で1人1殺!!ストライクゾーンへの丁寧なピッチング。リードする相棒Gも気合満開!!ワンバウンドボールも体を張ってのキャッチングで盛り立て3回表相手攻撃をゼロに封じ込め、本日のハイライトシーンとなる3回ウラの明野タイガース攻撃へとシーンチェンジ。この3回ウラ攻撃。Aの気合のヒットに冷静なGの死球。上位打線がチャンスメーカーとなって次々に進塁を重ねてゆく嵐の予感。「4-5」と1点差まで追いつき、同点のランナーとなるY月を2塁に置いたツーアウトながら絶好の場面が到来。はちきれんばかりの気合で打席に向かうのは1打席目でもクリーンヒットでバイオリズム⤴⤴ノンストップの6番打者S汰。牙を剝き出しにしたトラの目でした。相手投手の速球に力負けしないフルスイングは一直線に一塁手の頭上を弾丸ライナーで切り裂いてゆくキョーレツな当たり!!広い広い牧田グランド!!あっという間に最深部へ壁ドンの一撃!!「ユズ~~!!廻れ、廻れ、帰って来い!!」2塁ランナーY月が激走で同点のホームイン。そして1塁・2塁と無我夢中で駆け抜けるS汰。大興奮のベンチから「S汰!4つや!4つ!!帰って来い!!!」全員の大絶叫を浴びながら3塁ベースを蹴り、ホームへ疾走!!ベンチメンバーそして大応援団総立ち!!はちきれんばかりの拍手と大歓声の渦に飲み込まれるかのようなS汰のダイヤモンド1周は逆転のツーランホームラン!!顔をクシャクシャにしてS汰を出迎えるAを筆頭としたベンチメンバーの歓喜!!文句なしの会心の一撃!!値千金の逆転ホームランでした。いやいや、まだまだ、これで終わりじゃないんだぜ!!オレも必ず塁に出て、もう1点追加してやるぜ!!劇的な逆転劇をアリーナ席で堪能した7番打者Jのハートにも完全に火が点きました。しかしバッターボックスでは努めて冷静に・・・結果的には無くてはならなかった出塁となるDBでJ生還ストーリーが開始。今春入団ながら持ち前の運動能力全開で野球大好き練習の虫のJ。チームナンバーワンの快速男が覚え始めたランナーワーク炸裂。2塁・3塁へと到達し、最後は相手バッテリーのスキを逃さないホームへの疾走で貴重な貴重な7点目をGET。さあ2点差とし、近づいてくるフィナーレの時間。前回は1点リードを守り切れずに泣いた最終回。本日は2点差。しかしながら心に余裕など微塵もなかったと思う。ただただ、みんなで勝ちたいんだ!!この気持ちだけが全員の心を一つにした最終回の守備イニング。当然のことながら歴戦のツワモノ、高槻チャンピオンのイーグルスさん・・・タダで終わるはずがありません。怒涛のラストファイトが容赦なく展開、1点を返され、最終局面はツーアウト3塁・1塁。ここまで50球以上のリリーフY月。頭真っ白でただただGのミットへ渾身の1球を投げる事だけを考えていたと思いますが、冷静に振り返るとおっそろしい場面やね。キョーレツなプレッシャーに押しつぶされそうになりまくったマウンドだったと思います。内外野を守るメンバーも「さあ~打って来い!」とシャウトを止めないけど、心の奥底にある本音は絶対に「オレんとこなんか飛んで来んとってくれよ!!」てな心臓が口から飛び出そうなラストシーン。このイニング、ワタクシが心打たれるシーンがありました。ショートで声を張り上げるキャプテンAが何度も何度もマウンドへ駆けよって、Y月へゲキを飛ばし、お尻をポンポンと叩き、ショートの守備位置へ帰ってゆく一瞬のシーン。高学年チームでショートA憲がS也やH大に気合注入する・・・あのシーンがフラッシュバックされてくるような写メに収めたいような美しいヒトコマでした。キャプテンとしてまた本日、不運な部分もあったけど、先発投手として・・・マウンドのY月を決して一人にさせないんだ!!オレ達がついてるんだ!!頑張れユズ!!優しきキャプテンのこの自然体アクションが明野タイガースC軍団の現在地全てを映し出した「鏡」なのだとワタクシは信じております。4月にはひっくり返されてしまった最終回、同じことは繰り返さねえぜ!!全員で守り切り、ゲームセットとなった文字通り死闘!!最後の一瞬にまで全力で戦ってくれたイーグルスさんに最大限のリスペクトを込めて、トピックスを締めさせていただきます。ナイスゲームでした・・・と。

明野タイガース大応援団の皆さま、本日の試合を以て、低学年チームの春季シーズン公式戦は終了となりますが、最後の最後に栄光の勲章を両手で掴んでくれた選手諸君を心から褒め称えてあげてください。そして、試合のみならず練習風景に至るまで、皆さまの献身的ご協力とフォローがどれほど選手達の心の支えとなってくれたか!!本日のような歓喜に沸く1日ばかりではないですが、皆さまとともに掴んだ勲章だと断言させていただきます。しか~し、これを踏まえた秋季シーズンはもうすぐに到来してしまいます。引き続きのご支援を宜しくお願い申し上げます。

そして代表・指導者の皆さま・・・数ヶ月前まで「ZooAKENO」の愛称で親しまれた底抜け脱線軍団がこんな「戦士」として成長したんですね・・・選手達といつも目線を合わせて、時には厳しくそして時にはオーバーなぐらいに選手達と一緒に喜んで、かけがえのない時間を共に過ごしている皆さまにも敬意を表し、おめでとうございます!と叫ばせてください!!高学年チームのアニキ達にも決して負けない素晴らしい集団へと進化を遂げている過程にあることを改めて痛感した次第です。皆さんのことだ・・・この現状に決して満足はされていないと思います。秋季シーズン・・・さらなるでっかい夢を見せてくれることを期待していますよ!!

さあ、もうちっと余韻も噛み締めたいし、なんてったって夏休みだし・・・ちょっとゆっくりしますかね!!などと甘いプログラムが・・・あるはずないだろう!!!早速もう明日から秋季シーズンに向けて猛特訓です。その第一弾はあの茨木市の強豪が松原小学校へ乗り込んでくるぜ!!そう、キミ達はまだまだチャレンジャーなのだから!!


2件のコメント

明野町の虎吉 · 2022年7月30日 20:50

Cチーム!
本日の勝利、おめでとうございます!!
春真っ只中の市長杯…
あの悔し涙…
必ず次こそは…
この気持ちを忘れることなく、この数ヶ月感を過ごしてたかな?
きっとそうだよな(^^)

今日の勝ちを自信にして、真新しい一桁背番号で秋の快進撃を期待します。足を止めるなよ!
でも今日は祝杯やね✨
ほんま、おめでとう(*´▽`)v

    akenotigers · 2022年7月30日 21:34

    虎吉さん

    早速の祝福コメントをありがとうございました!
    おっしゃる通り、必ず次こそは!の闘争心を持ち続けて本日を戦ったのであると断言させていただきたい低学年チームの素晴らしいパフォーマンスでした。
    しかしながら、本日さえも単なる通過点、描くビジョンは私達をワクワクさせていただけるものに違いありません。
    さあ、5年生軍団・・・これ以上ないアツアツのバトンを弟達が渡してくれたぜ!!明日、スポ少リーグ第3戦!!気合全開で行こうぜ!!
    <事務局長>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。