本日10月1日。元気ですかあああ~!!おそらく今週末がラストかな!?2022年厳しかった真夏DAYS。ゆく夏を惜しむ最後の残り火が燃えまくったBurning Sunday。運動会も終え、元気に集結した明野タイガースは1日練習の巻。思い返すのもおぞましいWakuWakuSeptemberラストを襲った失意のブラックサンデーから1週間が経ち、心も体もフルリセットして、大事な公式戦が続々と本格化するDokiDokiOctoberの開幕ウィークとなった本日。高学年チームは午後から茨木市の強敵、山手台サニーズさんにお招きいただいての交流戦。そして低学年チームは本拠地で1日練習。それぞれに次なる目標に向けて、夕暮れまで白球を追いかけた有意義な1日となりました。本日の見出し「道!!」・・・この時点でもう、ピンとくる方もいらっしゃると思います。不世出のスーパースターの訃報に揺れた昨日。まさに「巨星落つ!!」・・・ワタクシを含め初老世代の大人男子の皆さまには衝撃のニュースでした。おいおい、おっさん、少年野球と何の関係あんねん!?とのご意見もあろうかと思いますが、アントニオ猪木・・・ただ単にプロレス界のカリスマであっただけでなく、「元気があれば何でもできる」の名言に代表されるように日本中の全ての「挑戦者」へ勇気を届け続けてくれたスポーツ界の「巨星」であったと改めて断言させてください。奇しくも明野タイガース、メンバー一丸となってこの秋、大きな目標に挑戦し続けている現状。ほんの1mmでもいいのであやかりたい思いでちょっとこの偉人のテイストを織り交ぜつつ「今日のひと言」お送りさせていただきましょう。ではいくぜ明野タイガース!!秋季戦線、これからいっちょやったるぜ!!行くぞ~~!!行くぞ~~!!1!2!!3!!!ダーッッッ!!

では本日の明野タイガース「反攻の10月」序章トピックス。まずは高学年チームによるVS山手台サニーズさんとの交流戦トピックス。遡ること約6か月前。まだ春の入口。一進一退の攻防の果てに死力を尽くしたドロー決着の交流戦を戦っていただいた相手。お互いひと夏越えて、力をつけ合って必ず再戦しましょう!とエールを交換し合ったあの日。舞台は同じ山手台小学校。ブラックサンデーの悪玉菌を全て一掃し、稽古をつけてもらうにはこの上ない相手のサニーズさん。これは10月反攻に向けて目が離せない交流戦の枠を飛び越えた大事な1戦やで~!!・・・な試合だったのにLIVE観戦できずのワタクシ。速報届いたスコアブックを頼りにある事ない事ベラベラと軽いタッチでお送りできそうな内容ではなさそうですね。展開されたのは予想通りの大熱戦!!バッテリーを中心に鉄壁のディフェンスの守り合いで序盤・中盤そして終盤へ・・・迎えた最終回の明野タイガース!!なかなかドラマティックな攻撃イニングだったようですね。無茶ブリしましょう!!豪華解説陣の皆さま・・・秋季戦線のキーマンにも指名したい我らがSuperExpressクンの一撃はいかに!?毎回のようにランナーを背負いつつも切り抜けたディフェンスワークはいかに!?そして、短時間マッチだったようですが、5年生B軍団のアツイ第二試合はいかに!?・・・お疲れのところ大変申し訳ありませんが、大い吠えたってください。

そして同じく失意のブラックサンデーから立ち直り、新たな目標へもう一度ネジを巻きなおしたい低学年チーム。本日も先週に引き続き、高3OBのイケメンコンビY典&M登センパイが練習お手伝いに駆けつけてくれて、「攻」「守」「打」にたっぷりと汗を流しました。まだまだ安定した力を保有しきれていないバッテリーチームの実戦形式練習をメインに重要な練習多数だったね。極論、ピッチャーが高い精度でストライクゾーンへボールを投げて、相手を打たせて取り、堅い守備で最少失点に相手を抑えていくチーム・・・これが目指すべき理想の姿ですわ。わかっちゃいるけど、なかなかこんな組織力など今日明日の練習ごときでは到底、身になどつきません。全員が練習に集中し、自分に厳しく、そしてメンバーには優しく・・・幾日も幾日も重ねていつの間にかできるようになっている自分に気づく・・・こうなって手にするのが「真」の実力や!!道のりは長いぜ・・・そのはるか手前の「そもそも」の部分。本日もよう怒られたねキミ達!!落雷のカテゴリーはプレイスキル向上以前の部分ばかりやで!!ワタクシからあえて、ほじくり返すようにこの投稿上で文字化することは致しません。思い出して欲しい、一致団結したときのあの爆発力!!そんなポテンシャルを保有しているキミ達なんだ!!もう一度、しっかりと基盤のネジをガッチリと巻き直して、少しづつでいい、意識を進化させていこうぜ!!

山手台サニーズの選手の皆さま、指導者・スタッフの皆さま、本日は時間がタイトな中、交流戦2試合のお相手をいただき、誠にありがとうございました。あれから半年、再び白熱の熱戦が戦えた明野タイガースにとって有意義な1日となりました。こうなりゃ、互いに秋季大会を戦い、6年生が卒団を目前に控える頃、ラストマッチをぜひ、実施させていただければ・・・勝手ながらそのような感情も抱いております。今後もこの友好的な関係を継続させていただき、交流いただけますこと宜しくお願い申し上げます。

てなわけで幕を開けた明野タイガース10月反攻!!このDokiDokiOctoberも話題満載だぜ。Reach For The Mountain TOPへの「挑」!!あの全国屈指の超有名軍団への「挑」!!3階級制覇への「挑」!!そして生まれ変わったチビ虎軍団の「挑」!!新たな仲間探しの宝島へも寄り道しながら進む「道」!!明野タイガース選手諸君!!そして全ての「挑戦者」諸君!!本日の締めは「燃える闘魂」が残した、あの「格言」で背中を押してもらいましょう!!

この道を行けばどうなるものか 危ぶむなかれ 危ぶめば道は無し

踏み出せばその一足が「道」となり、その一足が「道」となる。

迷わず行けよ 行けばわかるさ!!


2件のコメント

akenotigers · 2022年10月3日 21:35

虎吉さん

熱闘!山手台小学校!の熱いレポートをありがとうございました。
高学年チーム選手諸君!!まさかの株価大暴落から間髪入れず、メンタルもフィジカルも大幅に失地回復させましたね。この強豪相手に内容の伴った素晴らしいパフォーマンスの数々だったことだと思います。サイコーの決勝打を放ったK佑を筆頭に登場して欲しかったキミの名が続々と登場し、5年生軍団を含め、次なる大舞台へ自信を持って挑めることだと思います。文字化された虎吉さんのシーンプレイバック・・・VTRがあるならぜひとも・・・なのがY志の爆裂センターゴロ!想像するに火を噴くようなキョーレツな弾道だったんでしょう。まさに、持っとらんぜY志!なのかもしれませんが、ここ数試合アフター5の「ヤバイ」奴な雰囲気を纏い始めてるんじゃねえのかいY志クン!!言わずもがなK佑しかりY志しかりそして復活目指してウズウズ待機中のSしかり・・・キミ達が笑う日はかなりの高確率で・・・ここから先は自分で想像し、万全の準備を頼むぜ!!
<事務局長>

明野町の虎吉 · 2022年10月3日 18:02

事務局長!K佑の一打はまさに殊勲打でした。
前の2打席を悔しい内容で迎えた彼の第3打席。
1死満塁からのセンターへきれいな糸をひくような勝ち越し打✨
交流戦とはいえ、凌ぎ合いで両チームとも勝利への執念がひしひしと伝わってくるその最終回…
上位が作り上げたチャンス、オセオセムードがK佑のバットに乗り移ってたね!ナイスバッティングでした✨
とはゆうものの一番の決め手は「打ってやる!」の気持ちと日々の練習の成果やと思います。前にも事務局長がゆうてくれはったように今日のような日もしっかいと回顧!次戦も頼んだぞ!

そして言うまでもありませんがヒーローはK佑一人ではありません。その最終回にチャンスメイクしたA憲、S也。そのチャンスを十二分に拡大してくれたH大にS大にも拍手!

中盤にセンターへ痛烈な打球!…からのセンターゴロくらう珍事はY志(^^;)
痛烈過ぎたな(笑)。落ち込むことなかれ、存在感はアピールできたぜ!

初回に先制され、3回には5年で叩いて転がして転がして…俺たちの野球での同点劇はI.K大・M・D樹!

最終回を除いて毎回ランナーを背負うも最小失点で凌ぎ続けたS也・A憲↔️H大のバッテリーにも拍手!

Aチーム!今日の良いところ、悪いところを個々がしっかり振り返ってまた次に繋いでほしい一戦でした(^_-)

そして、次なる試合はBチーム。
おおよそ20日間かな、久々のマウンドで2イニング目でまさかの降板となってしまったM。
それでもセンターの守備では相手主砲のビッグフライをしっかりノーバンキャッチすると、結果的にはサヨナラタイムリーとなる右中間を深々と破る完璧な当たりを見せてくれました。
自分自身でやり返したね!
やり返すで言えばこれまた久々先発出場のセカンドS介もタイムリーエラーの直後の打席で痛烈ライナーで結果を残しました。S介も取り返した!
いつも選手に話しておりますが野球はミスが付きものです。でもその試合でミスを取り返すことも出来るスポーツなんだ…と。ミスした後が大事なんだ…と。
「アカン!やってもうた!」から「次こそは!」。
この切り替えをこれからも大事にしてほしいです✨

見方の不調を助ける活躍。それが2番手S太でした。
相手に大量得点を与えることなく、見事な火消し!
アッパレでしたよ。その強心臓をまだまだこれからパワーアップ!今後のマウンドに活かしてくれよ(^_-)

相手のエラーにつけ込んでの得点。泥臭くも足を絡めてもぎ取った得点。練習の成果もちらほら…
T希も帰ってきた!
来期に向けてまだまだここから!13名でレギュラー獲りを争ってほしいな…
と、思わせてくれる第二試合でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。