本日1224日。Merryなムードも吹き飛ばす超ド級大寒波襲来のクリスマスイブ🎄。選手達にとってはそれでも嬉しい冬休みOPEN初日。明野タイガースにとってもいよいよ2022年の活動最終週。ここ数日のエグさからは幾分マシとはいえ、モーレツな寒さのGood Morning。キッツ~!!イヤやな外出るの・・・そんなオッサンのネガティブマインドさえも切り裂き、野球小僧達はラストウィークも熱気全開、バチバチ全力疾走DAY。残念ながら予定されていた試合は中止となってしまいましたが元気に1日練習完走のCチーム。さらには4年生軍団を交え、これまた元気一杯1日練習完走の5年生軍団Bチーム。そして本日のメインイベント登場は高学年チーム。現在地はシーズンを締めくくる第4コーナー直線をムチ全開のラスト・スパート真っ只中。本日勝利すれば明日への連チャン確定!!ハートが燃えたぎるクリスマス・シリーズはスポデポ杯inさつきグランド。いやあ~例年ならば、このラストウィークは年の瀬ムード満開。「良いお年を」感を漂わせつつ本拠地グランドで今年の練習納め・・・てな極めて平穏なスケジュールなのですが、今年は180度異なるまさに明野版「戦場のメリークリスマス」。う~~ん、どっちがいいのだろうか!?年末最後の練習日ぐらい明野タイガース水入らずでゆっくりと練習TIMEに浸るのも悪くないですわなあ、それとも、年末最終日・・・この期に及んでも胃を痛めることをわかりながらも八幡の地へ朝から馳せ参じるのがいいのか・・・んなくだらんこと聞くんじゃねえ!!この時期までアツイ公式戦にどっぷり浸かってバチバチに夢の頂を追いかけ続けることができる・・・野球少年としてこれ以上の幸せはねえよなあ!!こうなりゃトコトン、満喫してやるぜ!!さあ、ここからはお馴染み八幡市さつきグランドへシーンチェンジ・・・LIVE観戦終えて記憶回路をマッハ再生しても、出来すぎなくらいのドラマティックな1戦、はじまりはここからでした。1点ビハインドで迎えた最終回6回表ツーアウトランナー無し。ここから連続コンボで繋いでゆく執念のタスキリレー・・・サンタコスプレに身を包んだ勝利の女神様は上空でその舞い降りる先をまだ決めかねていました。オレ達、絶対にあきらめない!!今シーズン最強クラスで訪れた絶体絶命の土壇場で魅せた6年生軍団のクリスマス・スペシャル。そのドラマの結末は・・・ツンデレ女神様のハートさえも撃ち抜いた光速の「駆」でした!!

ではお馴染みの八幡市さつきグランドで行われたスポーツデポ杯4回戦VS羽束師ラビットさんとの1戦トピックス。お相手頂けたのは明野タイガース初対戦である京都府の強豪チーム。想像通り、どえらく鍛え抜かれたハイスペック軍団。あれもこれもと丸裸にしてご紹介したいのですが、明野タイガース関係者の皆さまにはこの一言で十分でしょう。あの京阪八幡大会決勝戦で実力の違いを見せつけられたレインボーズさんを撃破して勝ち上がってきたチーム・・・その軍団こそ、本日のお相手ラビットさんなのです。その愛くるしい名称からはおおよそ似つかわしくない猛獣軍団そのもの。柔剛多彩に抜群の制球力で真っ向勝負のエースピッチャーを中心としたガッチガチの堅守とド迫力スイングの応酬で襲いかかる強力打線。はあ~~っ・・・これはクリスマスケーキ🍰もワイン🍷も喉通らんぐらいに胃に穴空きそうな試合になりそうやなあ~。こうなりゃこちらも、いつもの如く、根負けせずにしっかりと堅守で防戦し、必ず1度は訪れるはずのワンチャンをモノにするしかねえぜ!!もう割愛しても良いかと思うぐらいの戦前のゲームMAP。その試合を回顧していきましょう。初回から度々到来した先制点のチャンスもガッチリ堅守で封じ込められる明野タイガースに対し、虎視眈々とワンチャンイニングへの集中力を研ぎ澄ます相手チーム。しかしながら先発投手H大⇔S大バッテリーを中心に本日大忙しのサードK眞の再三の好守などで土俵中央がっぷり4つの序盤戦。こうなりゃ、試合の決定権さえ握ってしまいそうな先制点のゆくえ。試合が動いたのは4回ウラ、相手チームの攻撃でした。1アウトからヒットを起点に内野陣連係プレーの綻びを突き、塁上を埋め、貴重な先制点1点GETのラビットさん。しかしながら、なんとか最小限の傷口でとどめて終盤戦の反撃に全てを賭ける明野タイガース。それを嘲笑うかのような相手エースの巧みな投球術と堅守のバックからなかなか突破口を見出せず、いよいよ最終回6回表の攻撃もツーアウトランナー無し。万事休す・・・この時点では本日会場でLIVE観戦された皆さまもそう思ってしまったのではないでしょうか?しかし、ここまで50戦以上の公式戦を戦い、幾多の修羅場をくぐりぬけてきた選手諸君は誰一人諦めてなどいなかったのです。ラストファイトの第一走者はこの男からでした。絶対に塁に出るからな!オマエら、続けよ!!3番打者H大の振り抜いた一撃は三塁手のグラブを強襲する痛烈なレフト線へのヒット。さあ、この嵐の予感に燃える第二走者はキャプテンS大!!よっしゃ、チャンス拡大させてくるから・・・S也!あとはまかせたぜ!!執念でセンター前へ落としたテキサスヒットで繋いだS大!!これでシーンはツーアウト32塁。最後の最後に訪れた今日イチのビッグチャンスに沸き立つベンチ。こんな場面だけど、慌てず騒がず・・・クールな第三走者S也は明らかに変わりつつある空気にも落ち着いてナイスセン。バットを置いて1塁ベースへ駆け出す視界にはアンカー走者K佑。「オマエが決めろや、K佑!!サイコーの場面だぜ!!」・・・「マジかよ!!」わずか一瞬のアイコンタクトを経て、「0-1」。最終回ツーアウト満塁、静かな闘志を胸に秘めてバッターボックスへ向かう6番打者K佑。心臓爆発度10,000%のバッターボックスだったことでしょう。両ベンチからそして両チーム大応援団から1球そして1球と激しく交錯する絶叫と祈り、勝利の女神様さえも固唾を飲んで見守る展開はクライマックスとなるカウント「3-2」。ここまで繋いでくれたオマエらの想い、絶対に無駄にはしねえぜ!!執念の一打は程よく打球にブレーキがかかった三塁前に転がる打球!!キミに敵う奴など明野タイガースにはいねえよ!!てなメンバー総意の快速男、代名詞「Super Express」。一心不乱に1塁ベースだけを目指して駆け抜けたチームNo1の超特急・・・ランナー2人を生還させる逆転のタイムリー内野安打!!悲鳴に近い大歓声と鳴り止まない拍手がこだまし続ける明野ベンチ。視線を釘付けにされるほどに魅了されたサンタコスプレの女神様を強奪してしまったChristmas Express見参!!この泥クサさこそ、K佑最大の魅力だよな!!この超ウルトラ級の土壇場の場面、6年生4人衆がバッターボックスで味わった重圧と緊張感はまさに真剣勝負の醍醐味だったと思います。キミ達が野球を愛し、チームメイトと一蓮托生でここまで歩んできた成果以外の何物でもないと断言します。こうして土俵際からひっくり返した「2-1」。フィナーレは本日もリリーフ登板でこの1戦のラストイニングを締めくくったS也の3人斬り!!満開の笑顔は4人のリレー走者だけじゃねえぜ!!本日も2安打、打線を引っ張ったA憲。レフトとライトから大声でH大とS也を勇気づけたSY志。そんな6年生7人衆を縁の下で支え続ける5年生軍団。スポデポ杯準々決勝進出!!おめでとう🎉!!明野タイガースA軍団!キミ達の戦いはまだまだ終わらねえぜ!!

てなわけで明日、1225日、2022年の活動最終日。連チャンで乗り込むぜスポデポ杯準々決勝戦。ムードはもう最高だよなあ!!またまた京都府の未知の強敵が待ち構える舞台だけど思いっきり楽しもうぜ!!選手諸君!!

さあ、大応援団の皆さま!!笑顔で集結しましょう・・・そう、Merry Xmas in SATSUKI G!!


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。