本日1月15日。雨上がりの寒~い1日。明野タイガースは低学年チームそして高学年チームとも公式戦に挑んだ半日プログラム。高学年チームは久々プロットとなる北大阪ヤング学童大会2回戦。そして低学年チームは大冠小学校に枚方香里フェニックスさんをお迎えして40年会Cリーグ第10戦。秋季シーズン最大の山場を次週に控えた高学年チームはひときわ寒さも際立つ山の街から嵐を起こすぜ会心の白星☆GET!!そして低学年チームも地元で大応援団から歓声をシャワーの如く浴びたこれまた会心の白星☆GETと文句なしで選手達の笑顔弾けたSmiling Sundayとなりました。新春1月中旬・・・明野タイガースのみならず近隣エリア少年野球チーム共通の現在地だと思うのですが、2022年度公式戦ラストスパートと次年度へのスタートダッシュを見据えた新体制チーム強化。この両輪をフル回転で廻す年間通じても特異な時期。これは低学年チームに於いても同様であり、次週より新Aチームの公式戦がプロットされてくる状況下、4年生軍団にとっては本日、2022年度Cチームでの最後の公式戦になるであろう試合。本投稿でも再三、ご紹介させていただいている通り、低学年チーム選手諸君の逞しく成長したパフォーマンスが次々に飛び出したメモリアルな1戦でした。今秋、チームの主戦場となった40年会Cリーグ戦。勝ち負けは二の次とまでは申し上げませんが、チーム間交流と低学年生達の試合での経験値アップが主目的であるいわば「公式交流戦」的な色を持ったリーグ戦大会。北摂エリア中心とした多岐に渡るエリアの強豪22チームが集い、各チームの担当者間協議でマッチメイクさせるセルフプロデュース方式。ぶっちゃけ申し上げると明野タイガースの場合、ワタクシが「やる気あるのか無いのか!?」に左右されるのですが、トータル10戦。十分だったのか、う~~ん!だったのかは皆さまからの評価を甘んじてお受けするとして、対戦いただきました各チームの皆さまの温かいご協力にてセット販売で行ったDチーム、すなわち新Cチーム交流戦も含め、低学年チーム選手諸君が試合とは!?を少なからず身体と脳ミソに染み込ませることができた貴重な機会だったと回顧します。先頭に立ってチームを牽引してくれた4年生諸君はいよいよ高学年チームの舞台へのご栄転、3年生諸君は満を持して新Cチームのリーダーとなる自覚を持って模範的振る舞いを期待します。そして2年生・1年生の5人衆も3年生を押しのけて、レギュラーポジションを獲得するんだ!!やる気スイッチをさらに1段階ギアチェンジして活動に取り組んで欲しい。そんな新たな決意もほんのちょっぴり胸に秘めつつ・・・話題に事欠かなかったWonderful Wonderクン達のラストマッチ!!たっぷりと吠えさせていただきましょう!!

 では本日も盛り沢山の2元中継。まずはワタクシもどっぷりと帯同させていただいた低学年チームによる40年会Cリーグ戦VS枚方香里フェニックスさんとの試合トピックス。冒頭部でもお伝えした通り、2022年度Cチームによる今シーズン最終戦となったこの試合。まさに有終の美と申し上げても過言でない1年間の成長の足跡がたっぷりと詰まったナイスゲームだったと断言致します。お相手いただいたフェニックスさん、小気味良い速球をビシバシとストライクゾーンに投げ込んでくるサウスポーエースを中心に鍛えあげられたディフェンス陣。う~ん!!これは明らかに強そうや・・・正直な感想である一方、こうなりゃ我らが明野タイガースもエースAを中心に堅守で応戦・・・これしかないぜ!!とのゲームMAPの中、初回に3番打者Gがキレイ度100%、らしさ満開のタイムリーヒットで1点を先制!!しかしながら、その後は序盤・中盤とAチーム対決を彷彿させる「THE野球」の締まった展開でゴイゴイスー~~とイニングは進んでゆき、「1-0」・・・吹けば飛びそうな薄氷の展開の中、勝負のイニング、4回ウラ明野タイガースの攻撃。1アウトから相手鉄壁ディフェンスの一瞬の綻びを起点にランナーを出塁させると、5番打者Y月が本日2本目のヒットでチャンス拡大!!そして打席に向かうのは1年間のCチーム激闘記録の中で数々の印象的な一打をかっ飛ばしてきた6番打者S汰!!誰もが認めるチームNo1の勝負強さをこの最終戦でもしっかりと見せつけてくれる2点タイムリーヒットで欲しくて欲しくてたまらなかった追加点GET!!そして極めつけは秋季シーズンに入って打撃力が開花してメキメキ試合での存在感上昇中の7番打者R葵!!クリーンヒット多数のこの試合でしたが、今日イチのドンピシャ弾道だったんじゃないかな!高速で三遊間を一閃!2塁ランナーS汰を生還させるダメ押しのタイムリーヒット炸裂!!よっしゃよっしゃ、これで「4-0」。最終回5回表は1アウトからリリーフY月にマウンドを譲りましたが、ラストは4年生Rが右中間に上がった難しいフライをナイスキャッチの3人斬りでゲームセット!!強敵相手に地に足つけて戦って白星GETの申し分の無い見ごたえのある1戦だっと断言しましょう。2022年度シーズンのラストゲーム、素晴らしい内容だったね!選手諸君!!全員野球で掴み取った白星だったけど、満場一致でキミが立役者だったと吠えさせて欲しいぞ!エースA!!41/3・打者1454球・被安打1・与死球1・奪三振8の記録も賞賛モノだけど、打者に対する気迫・間合い・巧みな牽制球などのピッチャーワークだけでなくリーダーシップ溢れるバックへの声がけなど全体を鼓舞するその姿・・・背番号「1」に相応しい堂々たる内容でした。間違いなくキャッチャーGもそしてバックを守るメンバーも全幅の信頼をキミに置いて守備位置で声を張り上げているのがヒシヒシと伝わってくる頼もしささえ感じたラストマッチでした。3度のメシよりピッチャーが好き・・・思うようなパフォーマンスが発揮できずに苦悩した日々もあったよねA。人知れず悔し泣きを重ねた夜もあったかもしれない。本日のラストゲーム、キミの1年間の集大成を存分に見せつけてくれたナイスピッチングだったと改めて断言させてもらいましょう。次なるステージは新Aチーム!!Aだけじゃねえぜ!K亮・R葵そしてR!!ツワモノ揃いの5年生軍団に負けんじゃねえぞ!!地道に努力を重ねて5年生に追いつけ追い越せで精進するんや!!2022年度C軍団、キミ達の奮戦街道・・・すっげえおもしろかった!!願いが叶うならばあと半年ほどキミ達の成長してゆくパフォーマンスを追いかけ続けたいのが本音です。ワタクシの長い少年野球生活においてもここまで1年間で変貌したチームは記憶にありません。4年生&3年生・・・異なるフィールドで互いに1年間パワーアップして、2024年度Aチーム!!再び勢揃いしたキミ達の姿を今から期待しているぜ!!

 そして所変わってA軍団in忍頂寺スポーツ公園。本日は北大阪ヤング学童大会2回戦VS山田スパークスさんとの1戦に乗り込みました。2022年度シーズンの大詰めを迎え、ただでさえ緊張感の高い試合が続く中、本日も吹田市の強豪チーム相手にロースコア接戦!!残念ながらLIVE観戦できませんでしたが、届いた「報」は見事、こちらも全員野球で白星GET!!トーナメント詳細の全容がベールに包まれたミステリアスな公式戦なのですが、スポデポ杯に続き、準決勝の舞台へとコマを進めることができました。先週の苦い記憶・・・あと1歩のところで白星が掌からこぼれ落ちた悔しい黒星。同じ轍は踏まないとばかりに本日は先制点GET⇒中盤に1点また1点と加点し、守っては先発投手H大⇒S也の必勝リレーで逃げ切った会心の試合。打撃バイオリズムが明らかに上向きな3番打者H大はツーベースヒットを含む2安打。4番打者S大そして5番打者S也もでヒットをかっ飛ばすなど好調維持の上位組に本日はアフター5のピリっと辛いTHE小技が融合した追加点奪取劇だったようでうすね。セーフティーバントヒットなど2安打でチャンスメイクは7番打者K眞。これまたセーフティーバントヒットにレフトへのタイムリーなど暴れまくりは8番打者S。そして守ってはライトゴロGETに「打」ではこれまたセーフティーバントヒットで掻き廻すクセ者ぶり発揮は9番打者Y志!!まあ、当然の結果なのですが、キミ達助演男優賞の皆さま方が塁上をガヤガヤ賑わす展開・・・戦績を紐解いても、ほぼ白星☆をGETしておりますわな。ド派手なホームランや弾丸ライナー炸裂でなくていい!!こんな感じのドロ臭~~い面々が地味に活躍するチーム!!間違いなくつええチームなんだし、明野タイガースが追い求めてきた形なのだと思います。ええ仕事だぜ!!アフター5の職人達!!次戦・・・大事な戦いだぜ!!キミ達のバッターボックスでの渾身の集中力に期待します。

 てなわけで新年1月も第2週目が終了し、次週、高学年Aチームは集大成ともいえるビッグウィークとなります。もう、本投稿上で改めて皆まで言うまい!!あの難攻不落の不死鳥城をメンバー全員が全力を尽くしての大攻略戦や!!明野タイガース大応援団の皆さま、通いなれたあのグランドで我らがタテジマ軍団精一杯の応援をお願い致します!!

 有終の美を飾って次なるステージへ希望を膨らませるC軍団!!そして決戦の地へ闘志満々で乗り込むA軍団!!そうさ、オレ達に明日はある!!


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。