本日7月14日。3連休の2日目。昨日同様、雨が降ったり止んだり、ひと言で表すならば「あ~もう!!はっきりせんのう!!」といった典型的なThis is TUYU☂の本日。低学年チームは春季教育リーグ第10戦すなわち最終戦。星取表は現在4勝5敗。4勝6敗フィニッシュ or 5勝5敗フィニッシュ。本投稿の見栄え的にも「秋季に弾みをつける勝率5割で終えた春季」・・・のほうがねえ!!よろしいですわねえ!!昨日がっつり練習して「野球脳」状態で迎えた日曜日午後。もう「得意!!」と申し上げてよいでしょう、とっても大好きSunday Afternoonの舞台となった最終戦。ええ感じ!には程遠い直前まで降り続いた雨でぬかるんだグランドコンディション。しかしながら、なんやかんやで雨天の練習や試合も幾度もこなしてきた明野タイガース。体が記憶するHOWTOを見事に駆使してミッションコンプリートの勝率5割フィニッシュ👏👏となる勝利GET(^^♪「雨天の試合はこうやるのさ」とばかりに叩きつけて転がして出塁し、「走」で揺さぶり、相手エラーを誘発して加点するクレバーな戦いぶり。レースクイーンの如く傘を手に持つ「勝利の女神」の舞い降りる先を強引にレーダー誘導しつくした65分。派手さは無いけど手応え十分。悪くないじゃん「重馬場決戦」!!低学年チームによる春季教育リーグ最終戦。雨に微笑みを・・・!!

では最終戦トピックス。いよいよスタメン起用に本格的に悩みを抱き出したS水監督の「温め抜いたスタメン起用」。この教育リーグ舞台での主人公世代である4年生。明野タイガースにおいても最もメンバー構成比の高い4年生7名。練習でもその存在感を日増しに強めているこの4年生軍団。本邦初公開の7名全員フル出場の本日。ついにそのスターターとして1回表のマウンドに登場したのは4年生H都。マウンド経験を積めば積むほど高い吸収力で自らの「力」へと昇華させていく成長ぶり。本日も緊張した立ち上がりを2失点で切り抜け、2イニングを上々のピッチング。まだまだ完成への途上は遠い道のりではありますが本日も時折見せてくれた「高めの直球」の威力は抜群!!自然体フォームでストライクゾーンへ思い通りに力のこもった「球」を操れるように鍛錬あるのみ!!小さくまとまんなよH都!!そして渋~い働きは4年生R斗。試合を重ねるたびに磨きがかかるファーストでの好守。ぬかるむグランド・手前で弾まない野手からの送球。素晴らしいグラブ捌きでアウトGETへと仕立ててくれる「必殺仕事人」ぶり。2番手投手としても3回表を3K斬りでフィニッシュさせる迫力あるナイスピッチング。ここ数試合、ええ仕事してまっせR斗!!「打」では切り込み隊長S佑。不動のトップバッターとしてこの春、バッターボックスに立ち続けたS佑。思い起こせば数年前、まだ1年生だったS佑。数々のキテレツ行動で首脳陣を困惑させてくれていたFUNNYBOYの面影はもはやどこにもありません。本日もヒットと四球で2出塁2得点。S佑が出塁すれば必ず生還へと辿りついてくれる・・・重厚な信頼感さえ与えてくれるリードオフマンS佑。巧みな第二リードで揺さぶり続けて次の塁をGETしていくその姿は頼もしささえ感じるぜS佑。やや絶賛しすぎ!?もし本投稿を読んでくれているのなら・・・決して調子に乗ることなく謙虚に受け止め、この絶賛論調については七掛け八掛けぐらいに思っておくように・・・R斗!!君もや!!

3月末に「9名」で開幕戦を迎えたこの「春季教育リーグ」。3ヶ月強の期間を経て「14名」で迎えた最終戦。明日のスポ少リーグ最終戦で春シーズンを戦い終え、一旦の区切りとなる低学年チーム。「しばらく勝ち負けは厳しいなあ!!」から「ひょっとしたら化ける!?」を経て「秋は優勝できるように!!」とはっきり目標を掲げられるチームへと成長したと申し上げても過言ではありません。本日の試合後の松原小学校でのバッティング練習。降りしきる雨などお構いなし!!本日スタメンが叶わなかった下級生メンバー達が悔しさ全開で鋭い当たりが連発!!競争意識が間違いなく芽生えている・・・強くなるチームの階段を1歩づつ駆け上がっている途上にあると申し上げてよいと思います。学童野球の本番である秋季大会は8月末よりスタートします。約2か月弱のこの期間、とても大事な2ヶ月です。よっしゃ、オレが勢力図を一変させたるで!!夏を境に見違えるほど「伸びる」・・・それはキミかもしれない!!

 

24+

2件のコメント

明野町の虎吉 · 2019年7月15日 07:41

事務局長!
山城の国への抽選会、お疲れ様でした。
昨日の敵は今日の友…
今日の友は明日の敵?
あの赤い軍団との対戦。楽しみですね✨

春の教育リーグ、まずは野球での大きなケガ人が出ることなく、完走出来たこと、最終戦で5割にもって行ってくれた選手達を称えたいと思います。

初戦、白星スタート。
しかし、そこから苦しい闘いでした。
連敗で悔し涙を流す選手も数名おりましたが、中盤からは締まったゲームもあり、「光」はまだまだ消えておりません。

十分、下から突っついてくれている2年生。成長著しい3年生。目が覚めつつある4年生。
秋の教育リーグ、選手全員が試合の朝を迎える度に「ワクワクするぜー」と思わせてやれるよう、この夏も練習を頑張ってもらいます。

とりあえず、今日!
今のCチームの力を全て出すつもりで挑んでもらいますよ(^^)

    akenotigers · 2019年7月15日 20:14

    虎吉さん

    本日投稿にもあるように「春シーズン閉幕」=「秋シーズンのはじまり」です。
    ポジションも打順も一切をリセットクレンジングして全員で
    新たな競争をして掴み取るレギュラーポジション。値打ちありますよ!!
    <事務局長>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。